現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗 > CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?

ここから本文です
試乗 2018.6.12 レポート:山田 弘樹 / 写真:篠原 晃一

CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?

XD Lパッケージ(ソウルレッドクリスタルメタリック)

新型ディーゼルエンジンの投入など大幅な改良を実施

マツダの大黒柱は現在「CX-5」のようだけれど、ボクはこの「CX-3」こそがマツダを支える一台であって欲しいと常々思っている。

なぜならデミオの小型車用プラットフォームをベースに作られた“プレミアムB”と呼ぶべきボディは適度にルーミーで、我々日本人にとっては絶妙なサイズ。そこにデザインと走りのこだわりをたっぷりと注ぎ込み、なおかつ安全装備である「マツダ・プロアクティブ・セーフティ」を備えても、ガソリンモデルの「20S」では240万を切る価格でこれを手に入れることができる。こんなコンパクトSUVって、他にあるだろうか?

マツダのアイデンティティをひもとくと、ボクは「ファミリア」だと思っている。誰もが買える気持ち良い走りの大衆車。その血統を受け継ぐ「デミオ」がCX-5とマツダの両翼を支えているのは嬉しい限りだが、それを現代解釈したCX-3は、もっと人気者になっていいはずだ。

そんな思いはマツダも同様だったのだろう。今回マツダは自らが「大幅な改良」と謳うほど大がかりなテコ入れをして、CX-3に磨きをかけてきた。

最も大きく目を引くのは、エンジンユニットの改良だ。というのもこれまで1.5リッター(105ps/270Nm)だった直噴ディーゼルターボ「SKYACTIV-D」ユニットが、1.8リッター(116ps/270Nm)へとその排気量を拡大したのである。

マツダはかねてからエンジン部門を統括する人見光夫氏が、実用域での燃費性能および環境性能向上には「適切な排気量が必要」であると述べており、今回はこれを実践した形となる。

もちろん変更されたのは排気量だけでない。ターボチャージャーは高効率化を計ることで吸入空気量を増やし、高応答インジェクターが混合気の噴射効率を改善。これにピストンや燃焼室形状の変更を加えることで、実用域における燃費性能を1.5リッター時代よりも向上。実用燃費に近いといわれるWLTCモードで、その平均燃費は20~23.2km/L(FF・6AT/6MT)を実現した。

また自然吸気ユニットである「SKYACTIV-G 2.0」(150ps/195Nm)も着実に進化している。ヘッドユニットに新型ポートおよび燃焼室を採用し、耐ノック性能を向上。インジェクターをより高圧化することでディーゼル同様に混合気の噴射効率を改善し、冷却水制御の高効率化や可変容量オイルポンプによるフリクションロスの低減など、前2リッターエンジンに対して全域にわたって1~1.5%トルクをアップ。これによってアクセラレーションに対する効率化も実現され、約1~1.5%燃費率が改善された。その燃費性能はWLTCの平均モードで16.0km/L(FF・6AT レギュラーガソリン)となっている。

試乗ステージ:横浜周辺

マツダ CX-3の購入を考える前に、愛車の現在価格を調べる

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • uni*****|2018/06/12 12:00

    違反報告

    ヒョーロンカ先生のベンツのディーゼル不正の記事はまだですか?
  • drp*****|2018/06/12 12:30

    違反報告

    マイナーチェンジは良いんだけど、そろそろ見飽きた外観にデザイン一新しないと売れなくなるよ。
    マツダの中古車屋は、同じ車ばかりたくさん置いてあるのでかなり異様な光景。
  • hir*****|2018/06/12 12:30

    違反報告

    3年半で変えすぎだろ。
    既存のユーザーが怒るぞ。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します