現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?

ここから本文です
試乗記 2018.6.12 レポート:山田 弘樹 / 写真:篠原 晃一

CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?
  • CX-3がエンジン刷新など大幅改良。マツダ気合のリファインの成果は?

XD Lパッケージ(ソウルレッドクリスタルメタリック)

マイナーチェンジなのにタイヤを新開発して乗り味を追求

だがマツダとしては今回の改良を、決して「エンジンありき」だとは思っていない。あくまでその中心は、クルマを操るドライバーなのである。

これを実現するために開発陣は、当然ながらCX-3のフットワークを煮詰めた。ここで特筆すべきは単にバネ・ダンパーを変更するのではなく、その足下から“尻もと”まで、コンセプトに対して統一性を持たせたこと。

具体的には路面に直結するタイヤから見直し(※縦バネ剛性を見直したタイヤをTOYOと新開発)、スプリング・ダンパー・フロントスタビライザーといった足回りをこれに合わせて適正化。操作感覚を向上させるために電動パワーステアリング(EPS)と「Gベクタリングコントロール」の制御をキャリブレーションした。そして最後はフロントシートの座面部分に、「CX-8」で採用された高減衰ウレタンを用いたのである。

こうして得られた乗り味は、確かに既存のCX-3を超える上質感があった。これまでCX-3はそのハンドリングに、どちらかといえば若々しいキャラクターを見いだしていた。それと同時に相反するプレミアム性(主に乗り心地)を両立させるべく、ある意味悩んでいたとボクは思う。

具体的にはシャッキリとしたスプリング及びタイヤ剛性を持たせながらも、ダンパー(特にコンプ側)で路面からの入力を減らし、これをバランスさせようとしていた。これは場面場面において狙い通りのハンドリングや乗り心地を示したものの、全体的にはカクカクとした走りの印象だった。固められた足回りに対して明らかにフロントのダンピングが足りず、直進安定性は高いとは言えなかった。また操舵に対する車体の反応は鋭いのだが、ロールスピードの速さをして“意のままのハンドリング”を謳うような違和感があった。

対して新型CX-3は、まずその乗り心地が明らかに違う。路面からの入力をインフォメーションとしては伝えても、不快な振動はフロアやお尻、そしてステアリングに伝わらないのだ。

静粛性に関しても、ドア周りのシーリング、天張りの板厚アップ、ドア外板パネルの板圧アップなどかなりのコストをかけたというが、確かにガソリンモデルの遮音性は見事だった。

ディーゼルの場合、冷間時のアイドリング付近におけるガラガラ音はやっぱりうるさい。ガソリンモデル同様、振動は上手に遮断されているものの、アクセルペダルからだけはこれがブルブルと入ってくる。これは車格の問題もあるが、たとえばエンジン騒音がなくなったEVが、ロードノイズを目立たせてしまうのに似ている。静かになりすぎた故に、カットし切れなかった部分が目立ってしまう形だろう。

ただこれもエンジンを回してしまえば振動が収まり、SKYACTIV-D特有のスカッと爽やかな乗り味が得られている。

試乗ステージ:横浜周辺

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します