現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

ここから本文です
試乗記 2018.4.6 レポート:岡崎 五朗 / 写真:小林 俊樹

ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

20インチはちょっと硬い。19&18&17インチ車に期待

街中では軽快感が印象的だったが、高速道路に乗るとゆったりした乗り心地と頼りがいのある直進安定性が優位にたってくる。アダプティブクルーズコントロールとレーンキープアシストを作動させ流れに乗って走っている際の安心感と快適性は極めて高い。たとえば300kmを超えたら電車か飛行機がいいなと考えているような人でも、このクルマであれば500kmのロングドライブに挑戦する気になるだろう。このあたりはボルボの真骨頂である。滑らかで正確なステアリングフィールも印象的だった。なお、同社としては初となるオートブレーキ機能付クロス・トラフィック・アラートを装備するなど、上位モデルに遠慮することなく最新の安全装備を採り入れているあたりも実にボルボらしい。

一方、少し気になったのは乗り心地だ。スポーツサスペンションと20インチタイヤの組み合わせは、荒れた路面でちょっと硬い。試乗車がおろしたての新車だったことも影響しているのかもしれないが、突起を乗り越えたときに伝わってくるショックは少し角が立っているし、路面によってはロードノイズも大きめに発生する。もちろん、20インチタイヤはとてもカッコいいし、スポーツサスペンションとあいまってワインディングロードではスポーティな走りをもたらしてくれる。しかし、快適性に焦点を当てると、若干だが副作用があるのも否定できない。機会があれば、19インチを標準で履くRデザインや、18インチもしくは17インチを履く他のグレードにも試乗してみたいところだ。

矢継ぎ早に魅力的なニューモデルを投入してきているボルボ。業績も右肩上がりだ。そんなノリにノッているブランドの最新モデルであるXC40は、デザイン、質感、使い勝手、走りなど、どこをとっても良くできているし、コストパフォーマンスも高い。ボルボファンだけでなく、これまでボルボに興味をもたなかった人にも強烈にアピールするに違いない。

試乗ステージ:箱根エリア

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します