現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗

ここから本文です
試乗記 2018.2.13 レポート:山田 弘樹 / 写真:菊池 貴之

モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗
  • モデューロXならではの味わいが面白い。シリーズ第4弾フリードに試乗

フリード モデューロ X(ハイブリッド)

無限が「M」ならモデューロは「アルピナ」か

まじめな物作りをしていれば、その想いは伝わる。そんなことを、モデューロに乗るたびにボクは想う。今さらいうまでもないことかもしれないが、モデューロとはホンダの純正アクセサリーを手がけるホンダ・アクセスのブランドである。そして今回は、そのコンプリートカー「モデューロX」の第4弾、「フリード モデューロX」に試乗した。

モデューロXをひとことで表すと、それは「行き過ぎない上質感」とでも言えるだろうか。メーカー純正という立場を取る関係から、その主体は外観とサスペンションチューニングがメインとなり、コンプリートカーといえどもエンジンをはじめとした動力系には手が入れられていない。よってその乗り味には、尖ったところがひとつもない。むしろ“まろやかさ”や“きめ細やかさ”をその主眼に置いた方向性であり、そこがスポーティさを主軸とした「NISMO」や「STI」とははっきりと違う部分。個人的な見解だけれど、同じホンダでも無限が「M」なら、モデューロは「アルピナ」とでも言おうか。

ただしそれが退屈なのかといえば、まったく違う。特に今回彼らが手がけた「フリード」は、使い勝手と走りを両立した、ご存じ“ちょうどいい”ミニバン。ルーミーな室内空間を持ちながらも高いボディ剛性を確保し、低床・低重心でこれを走らせるフリードにモデューロのスパイスを与えると、その輪郭がさらにハッキリと感じられたのである。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します