現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く

ここから本文です
試乗記 2018.1.3 レポート:菰田 潔 / 写真:BMWジャパン

4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く
  • 4WD&トルコン8速AT採用の新型M5はハンドリング性能と乗り心地で群を抜く

あらためてM5の進化を振り返る

6代目に生まれ変わったBMW M5は、一般道、ワインディングロード、高速道路、サーキットも含めて大きく進化し完璧な走りをみせた。ポルトガルで開催された国際プレス試乗会での試乗インプレッションとともにニューM5の詳細をお伝えしよう。

まずはその歴史から。1984年に登場した開発コードE28SからBMW M5が始まった。5ナンバーサイズの2世代目5シリーズをベースに、M1から移植した直列6気筒3.5リッタービッグシックスを搭載。最高速度は250km/hと当時としてはスーパーカーも顔負けのハイパフォーマンスを発揮していた。

2代目は1988年に登場した開発コードE34Sである。イギリス、オーストラリア、日本向けに右ハンドルも用意された。初期は3.6リッターのビッグシックスを搭載していたが、4年後の1992年には3.8リッターに排気量が増えた。

3代目は1998年に登場した開発コードE39Sである。5シリーズの上級車種がV型8気筒でパワーアップしているのに合わせて、M5も5リッターV型8気筒エンジンを搭載してさらなる性能向上を図った。0-100km/hが5.3秒と当時としては俊足だった。

4代目は2005年のE60である。2007年にはE61と呼ばれるM5のツーリングも登場したが日本には正式輸入されなかった。E34Sに続いてM5のツーリングは2モデル目である。E60のトピックはレーシングエンジンのような作りのM社自慢の5リッターV型10気筒だった。507psはNAエンジンらしく7750rpmという高回転で発揮した。7速SMGの2ペダルが採用され、ローンチコントロールにより0-100km/hは4.7秒まで短縮された。これまで最高速度は250km/hだったが、BMW Driving Experienceを受講してMドライバーズパッケージを選べばリミッターが外れて305km/hになった。

5代目は2011年に登場したF10Mである。贅沢にもV型10気筒は1代限りで終わり、新エンジンは4.4リッターV型8気筒ツインターボへと大きく方向転換した。560psと680Nmは初代M5の2倍の力だ。E60ではシングルクラッチのSMGだったが、F10MではMデュアルクラッチの7速DCTになり、0-100km/hは4.3秒、最高速度は315km/hにアップした。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します