現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗 > トヨタ 新型ランクルプラド燃費レポ!怖いもの見たさ!?ディーゼル燃費を徹底検証

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ 新型ランクルプラド燃費レポ!怖いもの見たさ!?ディーゼル燃費を徹底検証

トヨタ 新型ランクルプラド燃費レポ!怖いもの見たさ!?ディーゼル燃費を徹底検証
  • トヨタ 新型ランクルプラド燃費レポ!怖いもの見たさ!?ディーゼル燃費を徹底検証
  • トヨタ 新型ランクルプラド燃費レポ!怖いもの見たさ!?ディーゼル燃費を徹底検証
  • トヨタ 新型ランクルプラド燃費レポ!怖いもの見たさ!?ディーゼル燃費を徹底検証
  • トヨタ 新型ランクルプラド燃費レポ!怖いもの見たさ!?ディーゼル燃費を徹底検証
  • トヨタ 新型ランクルプラド燃費レポ!怖いもの見たさ!?ディーゼル燃費を徹底検証
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

本格SUVのランクルプラドの実燃費をチェック

今回の燃費テストでは、2017年9月にマイナーチェンジされた高級本格SUVであるトヨタ ランドクルーザープラドをテスト。グレードは3列シートを備えた7人乗りで2.8リッターディーゼルターボを搭載する最上級グレードのTZ-G(車両本体価格536万3280円、JC08モード燃費11.2km/L)を起用した。

テストは2017年10月19日(木)の午前7時頃開始し、午後2時頃帰京するというスケジュールで実施。テスト中の天候は終日雨で強く降ることもしばしばあり、最高気温は10月としては60年振りとなる12度と低く、12月半ばのような寒さだった。交通状況は平均的な流れであった。

テスト車で2350kgという巨体を考えれば良好な燃費で、ディーゼルエンジンの燃費の良さと、ランドクルーザープラドのような重量車との相性の良さが証明された。また、日本ではレギュラーガソリンに対し20円ほど安い軽油の価格も加味すると、ディーゼルエンジンを搭載するランドクルーザープラドの燃料コストは、比較対象として記載するトヨタ ハリアーなどの2リッターガソリンエンジンを搭載するミドルSUVに近く、車格に対する燃料コストは非常にリーズナブルと言える。

なお、現代のディーゼルエンジン搭載車には、黒煙の原因となるススを集めるDPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)が備えられており、DPFにススが溜まると、熱くなったDPFに燃料を吹いて溜まったススを燃やして除去する「DPFの再生」が行われるが、今回テストを含め2日間で約400km走った限りではDPFの再生は行われなかった。

※DPFの再生は燃料を使うため走行状況による差はあるものの、DPFの再生があるといずれにせよ燃費は低下する。

ここからは市街地編、郊外路編、高速道路編、それぞれの章で燃費や走りの質について詳細な評価を行っているので、ランドクルーザープラドの購入を考えている方にはぜひ参考にしてほしい。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します