現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感

ここから本文です
試乗記 2017.11.20 レポート:山田 弘樹 / 写真:菊池 貴之

80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感

4代目メガーヌはスポーツ系モデル推しで展開予定

「フォルクスワーゲン ゴルフ」に真っ向勝負を挑むルノーのCセグメントハッチバック「メガーヌ」が4代目へとフルモデルチェンジを果たした。

しかしそのインポーターであるルノー・ジャポンは、正面切って彼らとは勝負をしない。よりスポーティなモデルである「GT」系を主軸に、ルノー・スポールのキャラクターを全面に押し出して、そのラインナップ展開をしているのである。

これまでは完全に「メガーヌ RS」の影に隠れていた「メガーヌ GT」。しかし今度のGTは単独でもかなり強烈な存在感と、鋭い走りをドライバーに与えてくれる。もしかしたらサーキットユースが前提のRSよりも、日常を共にできるスポーツモデルとしてGTの方が主力になり得るのではないか? という印象すら持ったほどである。

搭載されるエンジンは、1.6リッターの直噴ターボ。その最高出力は205ps、最大トルクは280Nmと、既に発表されているRSの280ps/390Nmよりは75ps/110Nm低い数値となっているが、ストリート~ワインディングを主戦場とするその性格から考えると、まったく不足はない仕上がりになっている。

小排気量ターボのピックアップは鋭く、それでいて低速時のアクセルオン/オフによるスナッチも起こらない。これにはブースト制御の巧みさ以外にも、今回から7速となったEDC(エフィシエント・デュアル・クラッチ)の協調性も功を奏しているのだろう。よほどガサツな操作をしない限りは、極めてスムーズに発進し、パーシャルスロットルを受け付け、かつ高回転まで伸びてくれる。

試乗ステージ:箱根エリア

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します