現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感

ここから本文です
試乗記 2017.11.20 レポート:山田 弘樹 / 写真:菊池 貴之

80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感
  • 80km/hまで逆位相(!)に切れる新型メガーヌの痛快な後輪ステアを体感

まるでゲームを攻略するようなハンドリング

そんな、新世代プラットフォームの剛性に対してかなりシャッキリしたフットワークを持つメガーヌ GTではあるが、そこは一応コンベンショナルなFWDスポーツのキャパシティを経験から推し量って、コーナーへターンインして行く。

するとどうだ。普段ならここからタイヤがねじれはじめ、ときにはスキール音を発して限界を伝え始めるポイントで、メガーヌ GTはグイッ! とタイヤを切れ込ませたのである。基本通りに運転できるドライバーなら、きっとクルマがイン側に入りすぎてしまうだろう。

そしてこの違和感バリバリのハンドリングに、最初は大いに戸惑った。しかしすぐに慣れると、この扱いがとっても面白くなってしまった。マシンがイン側へと切れ込むなら、ハンドルを切らなければよいのである。もしくは敢えてこの動きを利用して、切れ込んだところでアクセルを踏む。

つまりこの4コントロールを駆使して走ると、タイヤの負担を減らしながら、ちょっとビックリするほどコーナリングスピードを上げることができ、なおかつ脱出速度を速められるのである。

まるでゲームを攻略するようなドライビングは、かつて「ランサーエボリューション」で味わったAYC(アクティブ・ヨー・コントロール)に少し似ていた。

アヴェンタドールのような自然さではなく、いかにも「曲げてますッ!!」的な制御としているのは、ルノーがリアステアの商品価値を高めていることがひとつと、より不特定多数のユーザーが乗るであろうメガーヌというクルマに対して、ドライバーに積極的にリアステア感を伝えることで、無茶をさせないためかもしれない。

しかしよくぞこれだけ、アグレッシヴな制御を量産モデルに投入したものだ。量産ハッチバックでも運転の面白さを失いたくない。高いスポーツカーだけが愉しいなんてことはありえない! そんな心の叫びが、ルノー・スポールからはビシビシ伝わってくる。こういう気概は、国産メーカーに見習って欲しいところである。

そしてこの4コントロールを搭載するメガーヌ RSは、いったいどんな走りをするのかが、今から気になってしかたがない。

試乗ステージ:箱根エリア

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します