現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗 > ミニバンやSUV向けに開発されたスタッドレス・トランパスTXに試乗した

ここから本文です
試乗 2017.11.17 レポート:岡本 幸一郎 / 写真:トーヨータイヤ

ミニバンやSUV向けに開発されたスタッドレス・トランパスTXに試乗した

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミニバンやSUV向けに開発されたスタッドレス・トランパスTXに試乗した
  • ミニバンやSUV向けに開発されたスタッドレス・トランパスTXに試乗した
  • ミニバンやSUV向けに開発されたスタッドレス・トランパスTXに試乗した
  • ミニバンやSUV向けに開発されたスタッドレス・トランパスTXに試乗した
  • ミニバンやSUV向けに開発されたスタッドレス・トランパスTXに試乗した
  • ミニバンやSUV向けに開発されたスタッドレス・トランパスTXに試乗した
  • ミニバンやSUV向けに開発されたスタッドレス・トランパスTXに試乗した
  • ミニバンやSUV向けに開発されたスタッドレス・トランパスTXに試乗した

ミニバンはもちろんSUVやクロカン車にも

かねてより「専用タイヤ」という考え方を大事にしてきたトーヨータイヤは、他社に先駆けていちはやくミニバン専用タイヤ「トランパス」や、その冬用版の「ウインタートランパス」を送り出し、好評を博してきた。初代の登場から約20年間で得た知見と最新技術のすべてを投入して開発した最新モデルが、「ウインタートランパスTX(以下「TX」)」だ。

なお、「T」はトールを、「X」は無限大を意味する。位置づけとしては、CCV(クロカン車)やSUV向けに「オブザーブGSi-5」という製品もあるが、TXはミニバンだけでなくCCV/SUVも含めた背の高いクルマ全般向けの製品となる。アイスグリップの高さを想起させる、氷をひっかくような模様のサイドデザインも目を引く。

開発の背景には、自動車市場の変化が少なからず影響している。トーヨータイヤによると、近年はミニバンを含む車高の高いクルマが安定して売れている中でも、SUV/CUVが2013年から大幅に伸びているという。また、2016年の年間の新車登録台数トップ30のうち約半数は「ハイト系」と呼ぶ車高の高いクルマとなっている。TXはこうした状況を受けて、車高の高い車両の特性を鑑みつつ、いまどきの消費者が求める性能を盛り込んで開発されている。

コンセプトとして、ハイト系車両をしっかり支え、しっかり走り、しっかり効くという、3つの「しっかり」を据え、さらには日本では当然のごとく多くのユーザーが求めるアイスブレーキ性能のさらなる向上により「しっかり止まる」ことをはじめ、レーンチェンジでも安定している「フラつき低減」や、摩耗性能の向上と均一摩耗による「しっかり長持ち」という、3つの特徴性能を念頭においている。

試乗ステージ:専用テストコース

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します