現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”

ここから本文です
試乗記 2017.11.6 レポート:まるも 亜希子 / 写真:篠原 晃一

アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”
  • アウディQ5が初のフルモデルチェンジ。プラットフォーム一新で大きく“深化”

インテリアは一気に次世代感に溢れた

インテリアを見ていくと、Q5は先代から5人がゆったりと座れる室内だったが、さらに前後席ともに頭上や肩まわりに余裕が生まれ、後席の足元スペースも広がった。その広々感は水平基調のインテリアデザインからも感じられるが、ややドライバー側を向くセンターパネルなどから、操作系の配置はドライバー中心というアウディらしさもしっかりある。

しかも、ナビゲーションからオーディオ、車両セッティングまでの多彩な機能をシンプルな操作で可能とするシステム「MMI」が進化し、デザインも操作ロジックも一新された「MMIタッチ」が搭載されたのも今回のトピック。また、通常のアナログメーターの代わりに12.3インチTFTモニターを配置し、鮮やかな画像によってメーターやナビゲーションを映し出す「アウディ バーチャルコクピット」もオプションで採用され、Q5のインテリアは一気に次世代感に溢れた印象だ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • hyp*****|2017/11/06 12:04

    違反報告

    買う予算が有ったら個人的にはボルボXC60の方が魅力的だな
  • zcm*****|2017/11/06 13:39

    違反報告

    試乗してきた。
    運転してて、すごい楽しい車ではないが、乗り心地と安定感は抜群でした。
  • ten*****|2017/11/06 14:12

    違反報告

    乗ってみましたが、いい車でした。

    標準グレードの外観があまりにもカタログと変わってしまうため、デビューパッケージをつけることが前提となると思いますが、アウディにしては良心的な価格設定だと思います(他社競合車と価格を合わせてきたという意味で。絶対的に価格が安いというわけではありません。)。

    人気モデルだけに、現在のアウディジャパンの厳しい販売状況(2016年年間販売台数は最盛期である2014年比9.3%減)を打開するきっかけになってくれればいいですね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します