現在位置:carview! > 編集記事 > 試乗 > フェラーリ 488GTBに試乗|恋焦がれたストイックなベルリネッタ

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェラーリ 488GTBに試乗|恋焦がれたストイックなベルリネッタ

フェラーリ 488GTBに試乗|恋焦がれたストイックなベルリネッタ
  • フェラーリ 488GTBに試乗|恋焦がれたストイックなベルリネッタ
  • フェラーリ 488GTBに試乗|恋焦がれたストイックなベルリネッタ
  • フェラーリ 488GTBに試乗|恋焦がれたストイックなベルリネッタ
  • フェラーリ 488GTBに試乗|恋焦がれたストイックなベルリネッタ
  • フェラーリ 488GTBに試乗|恋焦がれたストイックなベルリネッタ
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

フェラーリF1マシンのイメージを路上に表現した“488 GTB”

工芸品のように美しいスタイリングが漲(みなぎ)らせる存在感、独自性をもって磨き抜かれたメカニズム、圧倒的な動力性能。

スーパーカーの定義は曖昧なところがあるが、フェラーリは誰もが認めるスーパーカーブランドであり、近年ではV8エンジンを搭載したフェラーリ458やカリフォルニアといったモデルを続々と登場させている。フェラーリがF1やWECをはじめとするモータースポーツで培った技術と世界観を比較的小ぶりなロードカーに表現してみせる上では、最高のキャンバスとなり得るのだろう。

そんな近年のフェラーリの作品の中で、私が最もハンドルを握ってみたいと焦がれたストイックなモデルが今回ご紹介する「フェラーリ 488 GTB」。事実上、458の後継とされたモデルである。

車名にある“488”は搭載する3.9リッターV8エンジンの1気筒あたりの排気量を示し、“GTB”はGran Turismo Berlinettaからとられた頭文字。ちなみに、“Berlinetta”(ベルリネッタ)はクーペボディを指している。

フェラーリ488GTBのスリーサイズは全長4568mm、全幅1952mm、全高は1213mm。ワイドなスタンスで構え、エンジンはリアミッドに搭載することで、トランクリッドの役割をもつフロントフードはボディ前端に向けてスラントさせた低いシルエットで描かれている。

フードの中央に微かに浮かび上がる陰影はF1マシンのフロントノーズを連想させるもの。グリル部にあたるデュアルタイプの大型インテークは2基のラジエーターに空気を取り込む役割を担い、それ以外の箇所にも整流効果をもたらす造形が積極的に採用されている。
サイドシルエット、エアインテークはスタイリングの構成要素のアクセントとして際立つが、それ以上にリアミッドシップモデルならではの機能美を体現している。デザインもパフォーマンスの一部とするフェラーリのレーシングカー作りの思想が隅々にまで息づいているというワケだ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します