現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった

ここから本文です
試乗記 2017.7.21 レポート:島下 泰久 / 写真:フェラーリ・ジャパン

812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった

空気の流れを可視化した凄みのあるフォルム

1950年代、まだフェラーリの多くのモデルが手作りに近いかたちで生産されていた頃の伝統的な車名をひっさげて、跳ね馬の最新フラッグシップが登場した。その名は「フェラーリ 812スーパーファスト」。ちなみに812という数字は、最高出力800ps、12気筒を意味する。今回はこの最新作をフェラーリのテストトラックであるフィオラノ、そして周辺の一般道で存分に試すことができた。

V型12気筒自然吸気エンジンを長いフロントノーズの下に積み、後輪を駆動する基本レイアウト、そして車両骨格の基本部分は前作「F12ベルリネッタ」から引き継ぐが、そのエクステリアは一新されている。

目をひくのは、まるで空気の流れを可視化したかのようなディテール。エンジンルームに多量の空気を取り込み、効率よく冷却し、ダウンフォースを稼ぎだす。見えないはずの空気の働きを、目に見える形に変えたフォルムは、比類のない凄みを醸し出している。F12ベルリネッタは美しいクルマだったが、実現していたパフォーマンスに対して、やや大人しく見えたという思いもデザイナー陣にはあったようである。

もちろん、すべてのデザインは機能に通じている。床下の3つの可動式フラップ、フラットフロア、大型化されたリアスポイラーなども相まって、ダウンフォースを引き上げつつドラッグの低減を達成しているのだ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kur*****|2017/07/21 11:43

    違反報告

    何というか 一目見ただけでカッコいい。 買える身なら買いたい。 勿論誰がなんと言おうと買えない。
  • ceq*****|2017/07/21 14:26

    違反報告

    この車買う人って、こんなネットの記事読むの?
    コーンズとかふらっと行って、ショールームの展示車ちょろっと見て、これ頂戴みたいな感じかと思うが。
  • ryu*****|2017/07/21 12:42

    違反報告

    これがトランスフォームしたら、バンブルビーよりカッコいいかも知れない?
    、、、と、こんな視線でしか見れない貧乏人が大多数いると思います。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します