現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった

ここから本文です
試乗記 2017.7.21 レポート:島下 泰久 / 写真:フェラーリ・ジャパン

812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった
  • 812スーパーファストは、最新技術の粋を集めた極上のサラブレッドだった

成熟したテクノロジーが頬を緩ませる

そんなパワートレインの悦楽に思い切り浸れるのは、シャシー性能が飛躍的に高められたおかげに他ならない。F12ベルリネッタはステアリングレスポンスがやや過敏で、それも相まってかリアの安定性にも物足りなさがあった。それが812スーパーファストでは、操舵に対してわずかなサスペンションの沈み込みを意識させつつ意のままにノーズが入っていくし、その際もリアの安定感をしっかり感じることができる。非常にナチュラルで、且つシャープなレスポンスには頬が緩みっぱなしになる。

それを可能にしたのは、まずは後輪操舵機構だ。最大2.15度まで、前輪と同位相に操舵を行なう。更に、フェラーリ初のスポーツEPS(電動パワーステアリング)も貢献度は大きい。通常のステアリングでは、後輪操舵でクルマの向きが更に変わっても操舵感にはフィードバックされないため、掌の感覚と実際の挙動にズレを感じがちとなる。しかしながらEPSならば、電子制御だけに後輪がステアした分を加味した操舵感を自在に作り出すことができる。つまり違和感無しに、よく曲がり、安定感たっぷりな挙動を実現しているのだ。

もちろん、それは緻密なセッティングの賜物であることは言うまでもない。EPSなど今さら珍しくも何ともないが、「新しい技術が世に出ても、私たちはすぐに飛びついたりはしません。フェラーリに採用するに相応しいレベルまで成熟した時、初めて搭載するのです」という開発メンバーの言葉、この走りを味わった後では、ただただ納得するばかりである。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kur*****|2017/07/21 11:43

    違反報告

    何というか 一目見ただけでカッコいい。 買える身なら買いたい。 勿論誰がなんと言おうと買えない。
  • ceq*****|2017/07/21 14:26

    違反報告

    この車買う人って、こんなネットの記事読むの?
    コーンズとかふらっと行って、ショールームの展示車ちょろっと見て、これ頂戴みたいな感じかと思うが。
  • ryu*****|2017/07/21 12:42

    違反報告

    これがトランスフォームしたら、バンブルビーよりカッコいいかも知れない?
    、、、と、こんな視線でしか見れない貧乏人が大多数いると思います。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します