現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗 > BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力

ここから本文です
試乗 2017.7.13 レポート:塩見 智 / 写真:篠原 晃一

BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力
  • BMW 5シリーズ ツーリングに試乗。日常領域でも満足できる直6ターボの魅力

540i xDrive ツーリング Mスポーツ

細部に魂が宿ったデザイン

BMW 5シリーズがセダンに続き、ツーリングもモデルチェンジを果たした。540i xDrive ツーリング Mスポーツに早速試乗。xDrive(4WD)で、ツーリング(ステーションワゴン)で、Mスポーツ(スポーティーな仕立て)と、チャーシューも煮玉子もメンマも刻みネギも入った全部載せモデルで、価格は4桁の1069万円に達する。ラーメンなら1000円超えのこの最上級5シリーズを、短時間ながら首都高と一般道で走らせた。

新しいツーリングはセダンがそうであったように、先代と比べガラリと印象が変わったわけではなくキープコンセプトといえる。とはいえヘッドランプにLEDを仕込むなど、ところどころに現代的な要素を巧妙に盛り込むことで、全体としては誰が見ても新しい5だと感じるスタイリングになっている。水平基調の伸びやかなプロファイルに角度の異なるキャラクターラインを2本入れることで陰影がつき単調になるのを防いでいる。奇をてらってはいないが、細部に魂が宿ったデザインだと思う。

かつてドイツ車は、ドアを開けるときにずしりと重みを感じたものだが、BMWにかぎらず最近のはどれも軽い。まぁ別にあの重厚さが懐かしいというわけでもない。運転席からの見た目もおなじみのBMWワールド。インストルメントパネルはディスプレイ(地図画面が非常に高精度になった)も操作系も横長で、ドライバーが視認・操作しやすいよう少しドライバー寄りに角度がついている。

BMW 5シリーズツーリングの購入を考える前に、愛車の現在価格を調べる

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します