現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗 > モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの

ここから本文です
試乗 2017.7.15 レポート:山田 弘樹 / 写真:宮門 秀行

モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの
  • モータージャーナリストチームでJOY耐に参戦。過酷な7時間の果てに得たもの

もてぎEnjoy7時間耐久レース

モータースポーツの愉しさを伝え、技術も磨く

アマチュアレーサーにとって、年に一度の夏祭りである「もてぎEnjoy7時間耐久レース」。通称“JOY耐”が、7月1日(土)、2日(日)の2日間で開催された。もはや今年で17回目を迎える日本最大級の参加型耐久レースだけに、その概要を細かく説明する必要はないと思う。しかし、それでもボクがカービューに寄稿をお願いしたのは、このレースにボクたち有志が集まって、地道に参戦活動を始めたからだ。そう、カービューをはじめとした様々なメディアで活躍するニッポンのモータージャーナリストが、今年は4人集まってチームを組んだのである。

これを実現してくれたのは、石井昌道、まるも亜希子、そして当日は「86/BRZ RACE」シリーズへの参戦のため欠席となった橋本洋平という3人のモータージャーナリストが主宰する「TOKYO NEXT SPEED」。その歴史は2004年からと長く、ホンダおよび無限とのジョイントで数々の車両開発を行いながら、ときにはワークスチームを食う成績を残して活動を続けてきた。

それが昨年から規模を少しだけ拡大。これまでの目的である「モータースポーツの愉しさを広く伝える」ことに加えて、「モータージャーナリストの運転技術向上」という壮大かつ根源的なテーマを掲げたのである。そう。我々モータージャーナリストも、その運転技術を常に磨き続けて行くことが大切だと考えているんです。そうじゃなければ、みなさんに正しい評価は伝えられないですからね。

そして今回選抜されたのが、「間違いだらけのクルマ選び」の著者でもあり、いま一番多忙を極めるジャーナリストの島下泰久さんと、わたくし山田弘樹。このふたりは昨年もこのプロジェクトに参加していて、本来はここに山本シンヤさんも参加するはずだったが、彼は「GLOBAL MX-5 CUP」への参加でスケジュールが合わなかったため断念。代わりに偉大な先輩ジャーナリストであり、レーシングドライバーである桂伸一先輩にジョインして頂くことになった。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ydw*****|2017/07/16 14:23

    違反報告

    山田の記事か、なんか納得w

    それはそうと、現行GK5型のフィットのポテンシャルは結構高いというのには同意です。
    私もオーナーですので『パワーをもっと!(150馬力くらい)』とは思いますが、まぁ先代型から12馬力もアップしてるので必要にして十分なのかなと。
    ことエンジンに関していえばフィーリングが少し荒いので、できればK20型の様な感じが理想的。
    無い物ねだりなのはわかってますけどねw

    あとタッチパネル式のエアコンスイッチはやはり個人的には好かない。
    手さぐりでの操作が困難だし、デザインとしては『逃げた』ようにも思えるので、できれば早々に違うものにしてほしい。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します