現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ

ここから本文です
試乗記 2017.7.7 レポート:佐野 弘宗 / 写真:市 健治

アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ

Q2 1.0 TFSIスポーツ

これまでにないヒラヒラとした運転感覚を意図的に演出

1.0 TFSIスポーツの車重は4気筒の1.4 TFSIより30kg軽い。ご想像のとおり、その30kgはすべて前軸重量で軽くなっている。スカスカのエンジンルームのわりに、思ったほど軽くない……というのが正直な印象だが、1.3t強のクルマで前軸で30kg差なら、直接乗り較べれば、多くの人が“なにかちがう”と気がつく程度には軽い。

ただ、同じスポーツなら標準サイズのホイールサイズは1.0 TFSIと1.4 TFSIともに17インチ。車重差が30kg程度ならサスペンションのチューニングは同じか、変えてあっても大差はないはずである。サスペンションチューンの詳細は今回判然としなかったが、乗り心地や操縦性は、以前試乗した18インチ装着の1.4 TFSIファーストエディションとよく似ている。もちろん、低速でのアタリの柔らかさでは今回の17インチのほうが上手だが、基本的には車重や動力性能のわりにパリッと引き締まったフットワークが印象的。重厚さより軽快感、俊敏性を前面に押し出したキャラクターを意図しているのが明白だ。

そうした意図はQ2のリアサスペンション選びに象徴されている。同じMQB車でも、A3やゴルフは1.4リッターターボ以上でマルチリンク、それ未満のエンジンでトーションビームという設定なのだが、Q2のそれは今回の1.0 TFSIはもちろん、上級の1.4 TFSIでもトーションビームが選ばれている。

Q2はバリアブルレシオのクイックなステアリングに、トーションビームによる“尻の軽さ”を組み合わることで、これまでのアウディにないヒラヒラとした運転感覚を意図的に演出している。そこがQ2の新しさであり、アウディが意図する“若者テイスト”ということなのだろう。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します