現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ

ここから本文です
試乗記 2017.7.7 レポート:佐野 弘宗 / 写真:市 健治

アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ
  • アウディQ2の本命グレード1.0Lターボ試乗。積極操作でキビキビ走る楽しさ

Q2 1.0 TFSIスポーツ

積極的な操作で小排気量ターボを楽しむ

Q2の主力エンジンとなる1.0リッター3気筒ターボは、ご承知の向きも多いように、すでにA1スポーツバックで上陸しているものと基本的に共通だ。ただし、Q2ではA1のそれより過給圧が引き上げられて、A1の1.0 TFSIが95ps/16.3kgmなのに対して、Q2は116ps/20.4kgm。従来の自然吸気エンジンでたとえると、1.6リッター相当から2.0リッター相当にチューンアップされているということだ。

ちなみに、この116ps版1.0リッターターボは、欧州ではすでにA3やVWゴルフにも搭載されて世に出ている。つまり、Q2も含めてVWグループMQBモジュール車の定番ガソリンエンジンという位置づけになっている。Q2 1.0 TFSIスポーツの車重は、たとえばVWゴルフのTSIトレンドライン/コンフォートライン(1.2リッター4気筒)より成人男性ひとり分ほど(70kg)重い。しかし、エンジンのピーク性能も最高出力/最大トルクともに1.2 TSIより高く、大きいので、アクセルペダルをきちんと踏んであげれば動力性能は十分といっていい。

実際、首都高を含めた都心部を中心とした今回の試乗では、1.0リッターのQ2は当たり前だがなんら不足はなかった。もっとも、高いギアでの巡航状態から踏み込んだときなどの瞬間的な“間”に、排気量の小ささを感じさせなくはない。それを嫌って無意識に多めにアクセルを踏み込んでしまうと、今度はキックダウンして想定以上の加速力が発生してギクシャク……という小排気量ターボ特有のクセが出ることもある。

ただ、そういう場合はドライブモードセレクトを“ダイナミック”、もしくはシフトレバーをSレンジに入れれば、低めのギアを選びながら、どんな場面でも活発に走る。1.4リッターならDレンジに放り込んだシフトレバーに、あらためて手が伸びるケースは街中ではほとんどないが、1.0リッターではそうやって積極的な操作を心がけたほうがスムーズに走る。そういうところに楽しさを感じるマニアもいるだろう。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します