現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > マイチェンしたVW新型ゴルフを速攻試乗!一体何が変わったのか!?

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイチェンしたVW新型ゴルフを速攻試乗!一体何が変わったのか!?

マイチェンしたVW新型ゴルフを速攻試乗!一体何が変わったのか!?
  • マイチェンしたVW新型ゴルフを速攻試乗!一体何が変わったのか!?
  • マイチェンしたVW新型ゴルフを速攻試乗!一体何が変わったのか!?
  • マイチェンしたVW新型ゴルフを速攻試乗!一体何が変わったのか!?
  • マイチェンしたVW新型ゴルフを速攻試乗!一体何が変わったのか!?
  • マイチェンしたVW新型ゴルフを速攻試乗!一体何が変わったのか!?
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

40年以上の歴史をもつ輸入車の老舗定番ブランド ”ゴルフ”

輸入車にはさまざまなブランドと車種があるが、この中で最も身近な存在はフォルクスワーゲン(VW) ゴルフだろう。初代VW ゴルフは1975年に日本で発売を開始したので(欧州では1974年)、すでに40年以上の歴史がある。

しかも売れ行きは今でも好調だ。2016年度(2016年4月から2017年3月)の輸入車販売ナンバーワンはMINIだったが、2017年の第1・4半期(2017年1月から3月)に限れば、順位が逆転してゴルフが1位になる。この3か月間で6406台を登録しており、日本車であればスバル レヴォーグやホンダ オデッセイと同等だ。中堅レベルの販売実績である。

それなのにブランド全体で見ると、1位がメルセデス・ベンツ、2位がBMW(ミニを除く)、3位がVWにとどまる。かつてVWは輸入車の最多販売ブランドだったが、2015年9月に北米で発生したディーゼル車排出ガス規制に関する不正問題のイメージダウンから脱し切れていない。この状況も考えれば、VWゴルフは従来型からの乗り替え需要が多いこともあり、かなり好調な売れ行きとなる。

ゴルフが高い人気を得ている理由は、優れた走行安定性、長距離を移動する時でも疲労の少ない快適な乗り心地など、ドイツ車の魅力を適度なサイズのボディと価格で得られることだ。今ではゴルフも全幅がBMW 3シリーズと同じ1800mmになって大型化されたが(VW ポロが昔のゴルフに相当するサイズになる)、全長は4265mmだからドイツ車の中ではコンパクトな部類に入る。

7代目の現行ゴルフ(ゴルフ7)は2013年に日本国内販売を開始したが、今回2017年5月25日に少し規模の大きなマイナーチェンジを受けた。この概要と、試乗した印象をお伝えしたい。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tal*****|2017/05/31 12:57

    違反報告

    ひょうろん家は、
    ゴルフをべた褒めするけど、
    そーでもなくなくない⁈
  • e83*****|2017/05/31 12:52

    違反報告

    で、ディーゼルの不正については結局、どうなったの?日本人ってホント、すぐ忘れてくれるよね…
  • t_j*****|2017/05/31 13:01

    違反報告

    世界を騙したディーゼル不正を許してはいかんよ。こんなひどい会社を野放しにしてはいかん。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します