現在位置:carview! > 編集記事 > 試乗 > 季節外れの大雪! スバル新型XVで試してわかった驚きの四駆性能

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく

季節外れの大雪! スバル新型XVで試してわかった驚きの四駆性能

季節外れの大雪! スバル新型XVで試してわかった驚きの四駆性能
  • 季節外れの大雪! スバル新型XVで試してわかった驚きの四駆性能
  • 季節外れの大雪! スバル新型XVで試してわかった驚きの四駆性能
  • 季節外れの大雪! スバル新型XVで試してわかった驚きの四駆性能
  • 季節外れの大雪! スバル新型XVで試してわかった驚きの四駆性能
  • 季節外れの大雪! スバル新型XVで試してわかった驚きの四駆性能
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

新たに追加された1.6リッターエンジンの実力は?

今年前半のヒット車になりそうなスバルの新型XV試乗会が軽井沢で行われたのだけれど、もう4月だというのに季節外れの大雪である!

当然の如くスタッドレスタイヤなど用意しておらず。一般道の試乗会も中止になってしまったのだが、「せっかく来て頂いたので駐車場内&施設内の道路であれば自由に乗ってください」。

するといろんなことが解ったのでレポートを。

まず新型XVから追加された1.6リッターを試す。

スバルの商品企画チームは新型XVを出すにあたり「若い人にも買って欲しい」と考え、コストダウン可能な1.6リッター(2リッターの直噴はコスト的に高い)を設定。

とは言え走りが悪ければスバルのイメージダウンになってしまう。そこでインプレッサよりギア比を低くして、動力性能を確保したという。

どれどれ、とDレンジをセレクトして走り出すと、なるほどストレスを感じない。自転車で言えばギアを1段低くしたのと同じ。同じ脚力でも加速良くなる。

もちろん巡航時の回転数は若干高くなり、結果的にカタログ燃費も落ちてしまうが、動力性能とバーターなら納得出来るだろう。インプレッサの1.6リッターより元気よく感じるほど。

ただ2リッターの新型XVに乗り換えたら、ハッキリとしたパワー差がある。クルマ好きであり、かつ23万7600円(キーレスエントリーと革巻きハンドルもセット)を出せるなら、2リッターの方が魅力的だ。

1.6リッターでも納得出来るけれど、雪の広場をアクセル全開で走りながら「自分で買うなら2リッターを選びますね」と思った。ちなみに実用燃費は同等らしい。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

日本最大級のクルマ情報サイト carview!

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します