現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗 > 新型プリウスPHVは、ノーマルのプリウスとはベツモノの”高級車”だった

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型プリウスPHVは、ノーマルのプリウスとはベツモノの”高級車”だった

新型プリウスPHVは、ノーマルのプリウスとはベツモノの”高級車”だった
  • 新型プリウスPHVは、ノーマルのプリウスとはベツモノの”高級車”だった
  • 新型プリウスPHVは、ノーマルのプリウスとはベツモノの”高級車”だった
  • 新型プリウスPHVは、ノーマルのプリウスとはベツモノの”高級車”だった
  • 新型プリウスPHVは、ノーマルのプリウスとはベツモノの”高級車”だった
  • 新型プリウスPHVは、ノーマルのプリウスとはベツモノの”高級車”だった
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

”4代目新型プリウスの大本命”がいよいよデビュー

今日まですごく不安だった・・・。

トヨタ自動車がハイブリッドの次なる環境アイテム車であり、次世代車の主役と称してデビューさせた新型プリウスPHV。実は個人的にもすでに購入済み。プロトモデルに乗った感触から購入を決め、納車待ちの状態なので今更仕様を変えることは出来ないが、市販モデルに乗り、自分で選んだ仕様の選択が間違いではなかった!という確証を得たかった。

よって今回のレポートは、可能な限り様々な市販モデルのグレードに乗り比べ、その内容と購入に至った考えや選択したグレードなどにも触れていこう。

とは言っても、新型プリウスPHVに全く予備知識の無い方のために、簡単に概要だけ。

まずトヨタは2015年12月に、トヨタのハイブリッド車の主役を歩き続ける4世代目プリウスを登場させた。「いいクルマを造ろう!」の合言葉に、シャーシから動力源まで全てを一斉に見直して作り改めたTNGA(Toyota New Global Architecture:トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)採用の第一号車として、大幅に上質さや高級感を備えてきたことは、既に新型プリウスに触れたことがある方ならご存知だろう。

その新型プリウスの搭載バッテリーを大型化して、外部からそこに充電プラグを挿して充電できるようにして、電気自動車のように電動ドライブもできる(EVモード)し、バッテリー残量が減ったらプリウスのようにハイブリッド車として走れる(HVモード)、という内容に仕上げたのが、プラグインハイブリッドモデル、新型プリウスPHVだ。

この基本となるPHVの考え方は、先代の3代目プリウスをベースに作られた初代のプリウスPHVと同様だ。異なるのは、新型プリウスPHVは、4代目プリウスを基軸にしながら、それとは明確なる差別化が施されていること。要はメーカーが意図的に、プリウスより高額となる約90万円分の価値を作り込んでいるのだ。

だからこそ、プリウスと比べても顔つきをはじめエクステリアのデザインが大きく違う。インテリアだって、大画面11.6インチの縦型センターモニターの採用など、未来感が違う。乗り味も当然だし、所有して得られる世界観が大きく異なり、それは”プリウスの高級版”的仕上がりになっている。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します