現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗 > XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ

ここから本文です
試乗 2017.3.7 レポート:塩見 智 / 写真:篠原 晃一

XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ

XC90 T5 AWD モメンタム

2トン超えボディに2リッター直4ターボ。走りに不満なし

ボルボのフラッグシップである90シリーズの先陣を切って、2016年に日本導入されたXC90。17年初めにセダンのS、ワゴンのV、それに背高ワゴンのクロスカントリーが追加され、90シリーズが出そろった。

日本仕様のXC90には、2リッター直4ターボ・エンジンを積むT5、2リッター直4ターボ+スーパーチャージャー・エンジンのT6、2リッター直4ターボ+スーパーチャージャー・エンジンにハイブリッド・システムが組み合わせられるT8と3種類のパワートレーンが設定される。最もベーシックなT5 エンジンを積むT5 AWDモメンタムに試乗した。

最高出力254ps/5500rpm、最大トルク35.7kgm/1500-4800rpmというT5エンジンのスペックは、2リッター直4ターボとしては標準的か最高出力のみやや高めといったところ。8速ATと組み合わせられる。車両重量は2トンの大台を超える2060kg。全長4950mm、全幅1930mm、全高1775mmというフルサイズなので、その程度はしかたないだろう。

乗れば一般道でのストップ&ゴーでも高速道路でのクルージングでも痛痒なく走らせることができる。T6やT8ととっかえひっかえ乗れば力の差を感じるだろうが、買ってその1台にずっと乗るということであれば、不満は感じないと言ってしまおう。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • whi*****|2017/03/07 18:50

    違反報告

    乗り出し800万オーバーで「4発」ってのはなぁ、、、
    と思ってしまうのはもう古い考えなのだろうか。
  • pok*****|2017/03/07 19:06

    違反報告

    ボルボXC90と ほぼ同等のサイズで、価格帯も近い ランクル200 と比較してみると、ボルボXCの方が車重は約800kg 軽く、エンジンは2Lターボなので出力・トルクはかなり劣りますが、その分燃費は約2倍優れています。
    ボルボXC90とは用途が異なりますが、走行距離が比較的少なく、維持費が許容できるユーザーには、個人的には ランクル200 の方がお薦めできると思います。
    私自身、維持費の関係で ランクル200 を諦めましたが(結局はランクル150プラド2.8d)、いまでもチャンスがあれば是非乗ってみたいクルマのひとつです。
  • kus*****|2017/03/07 17:47

    違反報告

    別に知的でもなんでもないけど
    軽く作る技術がないだけ

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します