現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ

ここから本文です
試乗記 2017.3.7 レポート:塩見 智 / 写真:篠原 晃一

XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ
  • XC90のベーシックモデルT5に試乗。必要最小限のエンジンで走る知的な楽しさ

XC90 T5 AWD モメンタム

知的で楽しいT5はなかなかに魅力的

冒頭にT5 AWDモメンタムを「最もベーシックな」と書いたが、絶対的には774万円の立派なラグジュアリーSUVだ。快適装備も安全装備もほとんど完全に備わっている。速いXC90をご所望ならT6かT8を積んだグレードを選ぶべきだが、速いといっても他ブランドにはいくらでももっと速いSUVがある。であるならば、友達を乗せて「これ何リッターだと思う?」と質問したりしながら、大きいボディを必要最小限のエンジンで動かすほうが知的で楽しいと思う。なので、T5のXC90はなかなかに魅力的だ。

ところで、2016年、ボルボ・カー・ジャパンは日本で1万4914台を販売した。この数字がどの程度なのか、ちょっと見てみよう。まず過去のボルボと比較すると、ここ10年ではV40をヒットさせた13年の1万7149台に続いて多い。次に16年の輸入車販売台数をブランド別に見ると、ボルボはメルセデス・ベンツ、BMW、VW、アウディ、ミニに続いて6位(日本メーカーの輸入車を除く)。BMWとミニ、VWとアウディをそれぞれひとつのグループと考えるならば4位だ。ドイツ御三家に次ぐ勢力ということになる。とはいうものの、1~5位のシェアは実に63.5%におよぶのだが……。

ともあれ、ドイツ車以外の輸入車で最も売れているのがボルボであることは間違いない(数値はいずれも自販連調べ)。それにボルボは60年代から現在までインポーターが変わっても継続的に安定して日本で販売されてきたので、保有台数のシェアはもっと多いだろう。ドイツのクルマはどれもこれも優れているが、やっぱりひとつの国のクルマが多すぎるのはつまらない。ボルボだけでなく、フランス、イギリス、アメリカ勢にも頑張っていただきたい。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • whi*****|2017/03/07 18:50

    違反報告

    乗り出し800万オーバーで「4発」ってのはなぁ、、、
    と思ってしまうのはもう古い考えなのだろうか。
  • pok*****|2017/03/07 19:06

    違反報告

    ボルボXC90と ほぼ同等のサイズで、価格帯も近い ランクル200 と比較してみると、ボルボXCの方が車重は約800kg 軽く、エンジンは2Lターボなので出力・トルクはかなり劣りますが、その分燃費は約2倍優れています。
    ボルボXC90とは用途が異なりますが、走行距離が比較的少なく、維持費が許容できるユーザーには、個人的には ランクル200 の方がお薦めできると思います。
    私自身、維持費の関係で ランクル200 を諦めましたが(結局はランクル150プラド2.8d)、いまでもチャンスがあれば是非乗ってみたいクルマのひとつです。
  • kus*****|2017/03/07 17:47

    違反報告

    別に知的でもなんでもないけど
    軽く作る技術がないだけ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します