現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた

ここから本文です
試乗記 2017.2.28 レポート:佐野 弘宗 / 写真:菊池 貴之

新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた
  • 新型ワゴンR試乗。黄金時代の復権を目指すホンキ度を感じた

ワゴンR ハイブリッド FZ セーフティパッケージ装着車

軽量ボディとハイブリッドが走りを高めている

ただ、モーターが燃費アップの黒子役に徹していた先代S-エネチャージに対して、パワーアップした電動動力をより積極的に使う新型のマイルドハイブリッドは、リアルな場面でそれなりの恩恵はある。

たとえば、減速時に車速13km/h以下となるとエンジンがストップするのは従来どおりだが、その近辺で再加速してもギクシャクしなくなったのは高出力モーターのおかげだろう。圧倒的に軽い車重もあいまって、新型ワゴンRは他社のNAハイトワゴンと比較しても動力性能が0.5ランクくらいは力強い。

ターボはエンジン単体でもピーク性能になんら不足はないが、ハイブリッドのアシスト効果で、結果的にアクセル開度が小さくて済む。中低速での扱いやすさやエンジン回転が低く保てる静粛性などに、ハッキリと効果がある。

先日発売されたスイフトも含めて、最近のスズキが、低速での乗り心地に意識を向けているように思えるのは、宿敵ダイハツの影響も大きいかもしれない。

実際、新型ワゴンRは以前のように中低速でもドタバタしない。ただ、リアを柔らかくした影響なのか、かつてのワゴンRの美点だった小気味いいステアリングレスポンスがちょっと薄れた気がするのは、クルマオタク的には残念だったりもするが。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します