現在位置:carview! > 編集記事 > 試乗 > 日産 新型セレナで1200kmの実燃費テスト!“辛口評価”にならざるを得ないその理由とは

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく

日産 新型セレナで1200kmの実燃費テスト!“辛口評価”にならざるを得ないその理由とは

日産 新型セレナで1200kmの実燃費テスト!“辛口評価”にならざるを得ないその理由とは
  • 日産 新型セレナで1200kmの実燃費テスト!“辛口評価”にならざるを得ないその理由とは
  • 日産 新型セレナで1200kmの実燃費テスト!“辛口評価”にならざるを得ないその理由とは
  • 日産 新型セレナで1200kmの実燃費テスト!“辛口評価”にならざるを得ないその理由とは
  • 日産 新型セレナで1200kmの実燃費テスト!“辛口評価”にならざるを得ないその理由とは
  • 日産 新型セレナで1200kmの実燃費テスト!“辛口評価”にならざるを得ないその理由とは
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

日産 セレナで1200kmの燃費テストを敢行!

「日産のミニバンの代名詞であり、2017年1月の登録車販売ランキング2位(因みに1位はノート)を獲得。1984年9月の「サニー」「ブルーバード」以来、32年ぶりに登録車販売ランキングワンツーの立役者、セレナを1200kmあまりテストしたのでそのレポートをお届けしよう。

テスト車はセレナGグレード。期間は1月19日から2月3日までの15日間。市街地や高速道路、一部ワインディングロードを含め1200kmほどを走行したが、今回はクルマの性格を考慮し、コーナーを攻めるようなことはしなかった。燃費は車載計を使用して計測した。

タイヤはブリヂストンエコピアEP150で195/65R15を履いていた。

日産自動車グローバル本社の地下駐車場でテスト車に乗り込んだ時、その視界の良さに驚かされた。C25(先々代)ほどサイドのシュプールラインの効果は感じられないものの、十分に前方、左右の広々感と見晴らしの良さが感じられた。これはセレナ伝統の美点であり、新型の5代目でも引き継がれている。

一方で、地下駐車場からそろそろと地上へスロープを上って行くとき、若干非力さを感じた。

そこで、少しスペックのおさらいをしておくと、搭載されるエンジンは2リッター4気筒DOHCエンジンで、最高出力150ps/6000rpm、最大トルクは200Nm/4,400rpm。それに2.6ps、48Nmのモーターが追加される。ライバルのノア・ヴォクシーのガソリンエンジンは、152ps/6,100rpm、193Nm/3,800rpmであり、セレナはモーターを追加するといずれも上回ることになる。

しかし、最大トルクの発生回転数がノア・ヴォクシーより上回っていることから、高回転を好むエンジンであることが想像される。これが、後々走行フィーリングに影響してくることを覚えておいてほしい。

一般道に出るためにステアリングを回すと、非常に軽く、あまり路面のインフォメーションを伝えてこない印象を得た。また、思った以上にステアリングを切らなければならず、この辺りも先々代あたりとあまり変わらないようだ。

つまり、走り始めの印象は「良くも悪くも」これまでのセレナとあまり変わらないものだった。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します