現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 売れてる日産 セレナ、もうひとつの顔”Rider”(ライダー)の魅力に迫る

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

売れてる日産 セレナ、もうひとつの顔”Rider”(ライダー)の魅力に迫る

売れてる日産 セレナ、もうひとつの顔”Rider”(ライダー)の魅力に迫る
  • 売れてる日産 セレナ、もうひとつの顔”Rider”(ライダー)の魅力に迫る
  • 売れてる日産 セレナ、もうひとつの顔”Rider”(ライダー)の魅力に迫る
  • 売れてる日産 セレナ、もうひとつの顔”Rider”(ライダー)の魅力に迫る
  • 売れてる日産 セレナ、もうひとつの顔”Rider”(ライダー)の魅力に迫る
  • 売れてる日産 セレナ、もうひとつの顔”Rider”(ライダー)の魅力に迫る
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

オーテックジャパンを代表するカスタムモデル”Rider”(ライダー)

さまざまな日産車をベースに、ドレスアップやチューニングを施しているのがオーテックジャパンのライダーシリーズだ。

オーテックジャパンは福祉車両のライフケアビークル、保冷車などの商用特装車を幅広く手掛け、その中でもカスタムカーのライダーは特に人気が高い。ミニバンやコンパクトカーをカッコ良く変身させている。

またグレード名などに社名は出ないが、日産のノート NISMO(ニスモ)やGT-R NISMOもオーテック製で、エアロパーツの装着に加えて走行性能も高めた。デイズやマーチのボレロ、キューブのアクシス、ノートのモードプレミアなどは、内外装を落ち着いた雰囲気に演出している。

さて、今回取り上げるのは日産 セレナの”Rider”(ライダー)だ。

セレナはエアロパーツを装着したスポーティーなグレードとしてハイウェイスターを用意するが、ライダーはオーテックジャパンの手により、さらに踏み込んだアレンジが施されている。現行型セレナの発売は2016年8月だから設計が比較的新しく、売れ行きも堅調に推移している。ライダーに注目するユーザーも多いだろう。

ちなみにオーテックジャパンは2016年9月17日、創業30周年を迎えているが、セレナでは2000年よりC34型セレナ(3世代前のモデル)よりライダーを設定。以来17年に渡りモデルチェンジの度に継続して発売され、同社の稼ぎ頭としての立ち位置を確立し続けている。それだけに新型 セレナライダーも、オーテックの総力を結集し、気合の入ったカスタムカーと言っていいだろう。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します