現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した

ここから本文です
試乗記 2017.1.20 レポート:佐野 弘宗 / 写真:篠原 晃一

新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した
  • 新型CX-5に雪上試乗。「GVC」と「i-アクティブAWD」の効果を体感した

超キープコンセプトの中に2つの新技術

いよいよ2月2日から発売となる新型CX-5は、写真やカタログデータを見るだけでは、正直いってあまり変わり映えしない。

実車をならべて見較べれば、質感向上、プロポーションの変化、そして押し出しが強まったフロントフェイス……など、違いはなるほど明らかだ。しかし、先代と同寸のホイールベースをはじめとしてボディサイズや室内空間に特筆すべき変化はなく、パワートレーンラインナップも先代同様。つまり、超キープコンセプトのモデルチェンジである。

そんな新型CX-5の発売に先立って、マツダは北海道は剣淵にある雪上コースで報道向け試乗会を開催した。ちなみに、ここはマツダが25年以上前から使っている実験場だが、トヨタの士別、日産の陸別、ホンダの鷹栖(これらには広い敷地を活用した超高速周回路や独ニュルもどきのワインディング路などもある)などとは異なり、剣淵は冬季限定。普段は一般道となるルートも含まれており、冬季のみ閉鎖して、マツダがテストに使っているという。

新型CX-5はもちろん、内外装だけでなくボディやシャシーまで徹底的に改良されている。ただ、今回はスタッドレスタイヤ(試乗車はブリヂストンのブリザックDM-V1)を履いての雪上・氷上走行に限られたため、新型CX-5そのもののデキ具合を確認することはできなかった。

新型CX-5には、走行性能の進化に大きな役割を果たしているであろう新技術が2つある。ひとつがCX-5では今回初搭載となる「Gベクタリングコントロール(以下、GVC)」と、今回さらにフリクション低減対策が施された4WDシステム「i-アクティブAWD」だ。とくにこの2つの効果を体験してほしい……というのが、今回の試乗会の主旨である。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します