現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度

ここから本文です
試乗記 2016.12.8 レポート:塩見 智 / 写真:望月 浩彦

3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度
  • 3社共通の背高&後席スライドドア車トール・タンク・ルーミーの完成度

ソリオよりも広く長いサイズ感

運転席に乗り込むと、すぐに運転席と助手席の間隔が広いことに気づき、軽自動車との決定的な違いを感じた。実際、タントと比べ、室内長と室内高はほぼ一緒(10~20mmの違い)だが、室内幅はトールが130mm広い。タントでは前席をベンチシートにすることでシートの左右幅を稼いでいるが、トールは独立した前席でも十分な幅を確保でき、その上で前後ウォークスルー用の間隔も確保している。

最大のライバルとなるであろうスズキ ソリオとサイズを比較すると、外寸はトールのほうが全幅が45mm広いことを除けばほぼ同じだ。室内は長さと幅でトールがそれぞれ65mm、60mm上回り、高さはソリオが5mm上回る。ざっくり言うと、だいたい同じだが、全幅が少し広い分、室内幅もトールが少し広いということになる。

前席に座っても後席に座っても広々としている。セダンやハッチバックに比べ、頭上に余裕があるので、同じような全長、全幅のクルマよりも確実に広い。後席はリクライニングできるほか、240mmスライドさせることができるので、ラゲッジスペースと後席の足元のスペースを必要に応じて(左右独立して)やりくりできる。後席を一番前にしても膝前にはまだ余裕があった。

シートアレンジもそこそこ多彩。ほぼフルフラット(リアシートバックは完全にはフラットにはならない)になるほか、後席の座面をダイブインさせた後にシートバックを前へ倒すと、荷室長1500mmを超えるフラットな荷室が出現する。このほか、軽自動車づくりで得たノウハウが注入されているのだろう、あらゆるところに小物入れがある。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • meg*****|2016/12/08 12:26

    違反報告

    スズキソリオのパクリ
    さすがは盗用多グループ
  • dek*****|2016/12/08 12:23

    違反報告

    3割踏んだだけで7割の加速か…。しかもユーザーがそれを求めてるって?誰がそんな不自然なアクセルセッティングを求めてるんだよ?

    昔から各社このセッティングをしてさんざん叩かれてるのに、相変わらずやるところがユーザーをなめてるよね。

    ショールームでの見栄えや試乗の際の第一印象だけで売るのはやめてもらいたい。

    車って何年も使うものなのだから、自然なフィーリングが一番だと思います。

    アクセルとブレーキの踏み間違いによる暴走事故に一役買ってしまうよ。
  • kud*****|2016/12/08 14:35

    違反報告

    こうやって並ぶと本当にダサい。
    マイルドヤンキーのオフ会かな?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します