現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ホンダ 新型フリード(1.5Lガソリン)の実燃費をライバルのシエンタと比較!

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダ 新型フリード(1.5Lガソリン)の実燃費をライバルのシエンタと比較!

ホンダ 新型フリード(1.5Lガソリン)の実燃費をライバルのシエンタと比較!
  • ホンダ 新型フリード(1.5Lガソリン)の実燃費をライバルのシエンタと比較!
  • ホンダ 新型フリード(1.5Lガソリン)の実燃費をライバルのシエンタと比較!
  • ホンダ 新型フリード(1.5Lガソリン)の実燃費をライバルのシエンタと比較!
  • ホンダ 新型フリード(1.5Lガソリン)の実燃費をライバルのシエンタと比較!
  • ホンダ 新型フリード(1.5Lガソリン)の実燃費をライバルのシエンタと比較!
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

発売1ヶ月で2万7000台!販売好調なホンダ 新型フリードの実際の燃費をテスト!

今年6月から約3ヶ月間に渡るティザーキャンペーンを経て9月に登場した2代目となるホンダ 新型フリードは、3列シート+両側スライドドアを持つ5ナンバーサイズのコンパクトミニバンというジャンルにおいて、トヨタ シエンタと双璧をなすモデルである。

ホンダ フリードは2001年末に登場した同社のフィットから派生したモビリオが前身で、このジャンルはモビリオが開拓し、発売当初は好調な販売を推移した。その後、モビリオを見たトヨタが2003年にモビリオを強く意識したシエンタを登場させ、シエンタ登場後、モビリオは残念ながらシエンタの陰に隠れた存在となってしまった。

モビリオの後継車としてフリードの初代モデルが登場したのは2008年のこと。

初代フリードはシエンタに対し主に広さというアドバンテージを得るべく全長の拡大に加え、ホンダのミニバンが得意とする低床低重心技術も駆使し、コンパクトミニバンとしては望外と言える3列目シートの広さを確保。

さらに、多くの人から好まれるスタイル、燃費の良さに加え、この頃から世の中の流れが小さい車を好むダウンサイジングという流れになり、それも追い風となって長期間に渡って好調なセールスを記録。2011年には、小型モーターを使ったホンダIMAを搭載するハイブリッドも追加された。

そして2代目となる新型フリードは、同社のフィットやヴェゼルに搭載された1.5Lエンジンに、1つのモーターを組み合わせたi-DCDと呼ばれるハイブリッドのトランスミッションの品質問題によるホンダ社内の混乱により開発の遅れもあったのか、日本車としては長い部類となる8年ぶりのフルモデルチェンジを受け登場。

長いティザーキャンペーンを行ったこともあり、発売から1ヶ月で6,000台の月間販売目標台数の4倍以上となる2万7000台を受注し、好調な滑り出しとなっている。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ftx*****|2016/11/17 09:35

    違反報告

    実燃費の比較は…?
  • mas*****|2016/11/20 06:09

    違反報告

    外部リンクの実車記録を揚げているが平均15,9だね。フリードが良いみたいに書いてるけど。個人差に寄るから当てにならないしカタログ数値のような数字は出ないよ。むしろ、もっと低い。
    シエンタは結構出る。フリードを持っていたけどあんまり期待しない方が良い。相変わらず腰が痛くなる硬めのシートとオイル管理で不具合が起きたり、部品交換がバカ高いからメンテナンスに苦しい思いをするだけ。
    リコールで店に行ったら酷い扱い(代理店から買ったため直営から買わなかったのを理由に)をされたのでもう買わないよ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します