現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > フォルクスワーゲン ザ・ビートル 1.4TSI ”R-Line”は ”ちょうどいい”選択肢

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォルクスワーゲン ザ・ビートル 1.4TSI ”R-Line”は ”ちょうどいい”選択肢

フォルクスワーゲン ザ・ビートル 1.4TSI ”R-Line”は ”ちょうどいい”選択肢
  • フォルクスワーゲン ザ・ビートル 1.4TSI ”R-Line”は ”ちょうどいい”選択肢
  • フォルクスワーゲン ザ・ビートル 1.4TSI ”R-Line”は ”ちょうどいい”選択肢
  • フォルクスワーゲン ザ・ビートル 1.4TSI ”R-Line”は ”ちょうどいい”選択肢
  • フォルクスワーゲン ザ・ビートル 1.4TSI ”R-Line”は ”ちょうどいい”選択肢
  • フォルクスワーゲン ザ・ビートル 1.4TSI ”R-Line”は ”ちょうどいい”選択肢
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

VW ザ・ビートルが3グレード構成に

先月公開した新型 フォルクスワーゲン(VW) ザ・ビートルの試乗記で、1.2リッター・ターボの<デザイン>と2リッター ターボの<2.0 R-Line>に乗って、個人的にはR-Lineのほうが好みだと書いたら、担当編集者から「意外ですね」という感想をもらった。

ヨーロッパのベーシックカーをこよなく愛し、ボディも排気量も小さければ小さいほど良いと考える、多くのモータージャーナリストとは正反対の嗜好性を持つ(でも今日の社会環境には合致している)人間なので、高性能な2.0 R-Lineを選んだことが想定外だったらしい。

ただ記事でも書いたように、VWにはゴルフという質実剛健の権化のようなクルマがあるわけで、ザ・ビートルがその点で対抗してもかなわない。やっぱりザ・ビートルはキャラの立った<ゆるキャラ>であってほしい。

そんな個人的願望に近かったのは、2リッターゆえ力に余裕があってリラックスして流せるうえに、昔の空冷水平対向4気筒エンジンを思わせるサウンドを届けてきてくれる2.0 R-Lineだったのだ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します