現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > マツダ新型アクセラへ新たに追加された15XD(1.5Lディーゼルターボ)の実燃費を測定

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダ新型アクセラへ新たに追加された15XD(1.5Lディーゼルターボ)の実燃費を測定

マツダ新型アクセラへ新たに追加された15XD(1.5Lディーゼルターボ)の実燃費を測定
  • マツダ新型アクセラへ新たに追加された15XD(1.5Lディーゼルターボ)の実燃費を測定
  • マツダ新型アクセラへ新たに追加された15XD(1.5Lディーゼルターボ)の実燃費を測定
  • マツダ新型アクセラへ新たに追加された15XD(1.5Lディーゼルターボ)の実燃費を測定
  • マツダ新型アクセラへ新たに追加された15XD(1.5Lディーゼルターボ)の実燃費を測定
  • マツダ新型アクセラへ新たに追加された15XD(1.5Lディーゼルターボ)の実燃費を測定
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

登場から3年、大幅改良(ビッグマイナーチェンジ)が施された新型アクセラ

マツダ アクセラはライバル車に日本車ではトヨタ プリウス、スバル インプレッサ、輸入車ではVWゴルフ、メルセデス・ベンツAクラス、ボルボV40といった強豪がひしめく、ヨーロッパでいうCセグメントに属するモデルである。

かつてのファミリアの後継モデルとして2003年に初代モデルが登場したアクセラは、2013年10月デビューの現行モデルで3代目となった。マツダの世界での販売台数においてアクセラは実に3割を占めており、マツダにとっては大黒柱的な存在となっている。

新型アクセラは、現在のマツダの基幹技術である「運転する楽しさと燃費をクルマ全体で向上させる」というコンセプトのもと開発されたSKYACTIV技術をフルに盛り込んだモデルとして、CX-5やアテンザに続く第三弾として登場した。

躍動感あるデザイン、ドライビングポジションも含めてごく自然にドライバーの感性に馴染むドライブフィールを特徴として、日本車では初めてガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ハイブリッド(トヨタから技術供与)と3つのパワートレーンを持つモデルであったことでも話題になった。

SKYACTIV以降、細かな改良を矢継ぎ早に市販車へと盛り込むマツダ車らしく、新型アクセラも主に安全装備やバリエーションの充実という形で一部改良を数回受けていたが、現行モデルの登場から約3年が経った2016年7月、マツダでは大幅改良と表現するビッグマイナーチェンジが実施された。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します