現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > フェイスリフト版up!にイタリアで速攻試乗。up!が苦戦する理由も

ここから本文です
試乗記 2016.7.8 レポート:木村 好宏 / 写真:Kimura Office

フェイスリフト版up!にイタリアで速攻試乗。up!が苦戦する理由も

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フェイスリフト版up!にイタリアで速攻試乗。up!が苦戦する理由も
  • フェイスリフト版up!にイタリアで速攻試乗。up!が苦戦する理由も
  • フェイスリフト版up!にイタリアで速攻試乗。up!が苦戦する理由も
  • フェイスリフト版up!にイタリアで速攻試乗。up!が苦戦する理由も
  • フェイスリフト版up!にイタリアで速攻試乗。up!が苦戦する理由も
  • フェイスリフト版up!にイタリアで速攻試乗。up!が苦戦する理由も
  • フェイスリフト版up!にイタリアで速攻試乗。up!が苦戦する理由も
  • フェイスリフト版up!にイタリアで速攻試乗。up!が苦戦する理由も
  • フェイスリフト版up!にイタリアで速攻試乗。up!が苦戦する理由も
  • フェイスリフト版up!にイタリアで速攻試乗。up!が苦戦する理由も
  • フェイスリフト版up!にイタリアで速攻試乗。up!が苦戦する理由も
  • フェイスリフト版up!にイタリアで速攻試乗。up!が苦戦する理由も
  • フェイスリフト版up!にイタリアで速攻試乗。up!が苦戦する理由も
  • フェイスリフト版up!にイタリアで速攻試乗。up!が苦戦する理由も

実は本国ドイツでも販売苦戦していたup!

昨年来、ドイツの自動車市場は値引きの嵐が吹き荒れている。もちろんその根源はディーゼル問題で大きなマイナス要因を抱えているフォルクスワーゲン(VW)で、平均して30%、そしてVW系の下取り車は何でも3000ユーロで買い上げてくれる。さらに驚いた事に安くて評判のリース会社は、「VW up!」を頭金や保証金無しの月額29ユーロで提供している。

2年間契約で2万kmの走行制限が付くが、19%の付加価値税込みで、最終的に総額696ユーロ(約7万9500円)でこのミニカーを享受出来るわけだ。ひょっとするとスマートフォンを契約するよりも安いかもしれない。そんな時にフェイスリフトした新しいup!の国際試乗会がミラノ郊外のコモ湖を中心に開催された。

2011年からドイツを中心に発売されているVWブランドのスモールカー、up!は全長3.54m、全幅1.65mと小さ過ぎてMQBは使用出来ず、NSF(ニュー・スモール・ファミリー)と呼ばれる別のプラットフォームを使用している。斬新なデザインで一時はヒットするかとも思われたup!だが、ドイツ市場では最も台数が出た2012年でさえ4万2000台に留まった。

ネックはやはりサイズと価格の相関関係で、4mを超える「ダチア ローガン」はup!のスタンダードよりもおよそ1000ユーロも安く買える。同じように「キア ピカント」も安い。いや、それ以上に不景気な巷に溢れる短期登録中古車(いわゆる新古車)価格で程度の良い兄貴分の「ポロ」が買えるとなれば、やはり販売にブレーキが掛かる。日本では例の半自動オートマチック(ASGトランスミッション)が足を引っ張った。結局これまでの5年間の販売台数は66万台となっている。

試乗ステージ:イタリア・ミラノ郊外

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します