現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え

ここから本文です
試乗記 2016.5.23 レポート:吉田 匠 / 写真:菊池 貴之

アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え
  • アウディ A4アバントに試乗。ベースのFFモデルで感じた新型の出来栄え

写真は、A4 アバント2.0TFSI スポーツ

8年ぶりのフルモデルチェンジ

アバントとはアウディにとって、ステーションワゴンを意味する呼称なのはご存知のとおり。A4アバントは1992年のアウディ80アバントから数えて今や6世代目になるが、これまでに80とA4を合わせて、A4系アバントの累計生産台数は220万台を超えているという。

テレビCMでもアピールしているように、そのアウディA4アバントが8年ぶりにフルモデルチェンジした。それはA4セダンと同じく、進化型モジュラープラットフォーム「MLB evo」をベースにして新設計されたもので、開発に当たっては走行抵抗の削減をメインテーマに設定したという。

それを実現すべく軽量化とエアロダイナミクスを磨き込み、車重は最大で120kg減量、欧州仕様ではワゴンボディでクラストップのCd=0.26を達成している。エンジンは2リッター4気筒TFSI(直噴ガソリンターボ)で、FWDの190psとクワトロ用の252psの2種類があり、いずれも7段Sトロニックと組み合わせられる。

その結果、スタート/ストップシステムやエネルギー回生機構を標準装備するなどしたエンジンの効果もあって、特にFWDモデルでは従来型と比べて33%の燃費向上を達成しているという。さらに、先進システム「アウディプレセンスシティ」に「アクティブレーンアシスト」を加えるなど機能を拡充し、予防安全と乗員保護の面でも進化している。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します