現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > メルセデス・ベンツ新型Eクラス(W213)、先進技術満載で夏ごろ日本導入!新しい価値はEクラスから始まる

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ新型Eクラス(W213)、先進技術満載で夏ごろ日本導入!新しい価値はEクラスから始まる

メルセデス・ベンツ新型Eクラス(W213)、先進技術満載で夏ごろ日本導入!新しい価値はEクラスから始まる
  • メルセデス・ベンツ新型Eクラス(W213)、先進技術満載で夏ごろ日本導入!新しい価値はEクラスから始まる
  • メルセデス・ベンツ新型Eクラス(W213)、先進技術満載で夏ごろ日本導入!新しい価値はEクラスから始まる
  • メルセデス・ベンツ新型Eクラス(W213)、先進技術満載で夏ごろ日本導入!新しい価値はEクラスから始まる
  • メルセデス・ベンツ新型Eクラス(W213)、先進技術満載で夏ごろ日本導入!新しい価値はEクラスから始まる
  • メルセデス・ベンツ新型Eクラス(W213)、先進技術満載で夏ごろ日本導入!新しい価値はEクラスから始まる
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

メルセデス・ベンツの新型Eクラスが今年の夏ごろに日本に上陸する。それに先立ち国際試乗会がポルトガルのリスボンで開催されたので、さっそく試乗記をレポートしたい。

Eクラスはメルセデスにとってもっとも重要なモデルだ。以前はミディアムクラス(W124:のちにEクラスと改名)として市販されてきたアッパーミドルセダン。Sクラスに相当するビッグサルーンはショーファーカー(運転手付きのクルマ)だったことを考えると、「W124」こそ最高のドライバーズセダンだったのだ。

1995年にEクラス(W210)がフルモデルチェンジ。大きさではSクラスとCクラスの中間に位置するが、Eクラスはメルセデスのコアモデルであり、常に先進技術が搭載されてきた。新しいメルセデスの価値はEクラスから始まると言っても過言ではないだろう。

例えば、W210で登場した世界初のサイドエアバッグや、コンパティビリティと呼ばれる衝突安全の車体設計コンセプト(小さいクルマと大きいクルマがぶつかっても共生できるコンセプト)など、数多くの先進技術がEクラスから始まっている。今回発表された新型Eクラス(W213)ではどのような新技術が登場したのだろうか。まずはその辺りから探ってみよう。

スタイリングは派手さこそないものの、機能的な凛としたフォルムが印象的だ。フロントグリルは最近のメルセデスのアイコンになっているスポーツグリルとクラシックグリルが用意されているが、デザイナーは「Eクラスにはクラシックグリルだ」と言い・・・(続きは、以下のリンクをクリックして下さい)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します