現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 今の時代にこそ光る、アバルトのピュアな魅力とは…新型「アバルト 595 コンペティツィオーネ」

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の時代にこそ光る、アバルトのピュアな魅力とは…新型「アバルト 595 コンペティツィオーネ」

今の時代にこそ光る、アバルトのピュアな魅力とは…新型「アバルト 595 コンペティツィオーネ」
  • 今の時代にこそ光る、アバルトのピュアな魅力とは…新型「アバルト 595 コンペティツィオーネ」
  • 今の時代にこそ光る、アバルトのピュアな魅力とは…新型「アバルト 595 コンペティツィオーネ」
  • 今の時代にこそ光る、アバルトのピュアな魅力とは…新型「アバルト 595 コンペティツィオーネ」
  • 今の時代にこそ光る、アバルトのピュアな魅力とは…新型「アバルト 595 コンペティツィオーネ」
  • 今の時代にこそ光る、アバルトのピュアな魅力とは…新型「アバルト 595 コンペティツィオーネ」
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

「Abarth 595 Competizione」(アバルト 595 コンペティツィオーネ)がマイナーチェンジした。アバルトは1949年にカルロ・アバルトという人物がイタリアで設立したフィアットのチューナーで、71年にフィアットに吸収されてからは同社のモータースポーツ部門を担ってきた。紆余曲折を経て、現在はクライスラー、ジープ、アルファロメオ、フィアットと並ぶFCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)のブランドのひとつとして存在している。

FCAの各ブランドのなかでアバルトは最もスポーティーな位置づけで、現在は「フィアット 500(チンクエチェント)」をベースとしたスポーツモデルを5種類ラインナップする。

フィアット 500をライトチューンした「アバルト 500」。よりチューニングの度合を高めた「アバルト 595」。595はその性格によって「595 コンペティツィオーネ」と「595 ツーリズモ」に分かれ、595ツーリズモにはソフトトップの「595C」もある。さらに後席を取り外すなど軽量化に徹し、パワートレーンも多少実用性を落としてまで速さを追求した「アバルト 695 ビポスト」がある。

今回マイナーチェンジしたのはアバルト 595 コンペティツィオーネ。といってもガラリと見た目を変えたわけではなく、所々に見る人が見れば特別な仕立てだとわかる渋い変更が・・・(続きは、以下のリンクをクリックして下さい)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します