現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある

ここから本文です
試乗記 2015.12.14 レポート:九島 辰也 / 写真:篠原 晃一

新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある
  • 新型 BMW 7シリーズに試乗。ハイテクとぶれない哲学がそこにはある

ウルトララグジュアリーな装備はロールス譲り

リアシートのタブレット型操作パネル「タッチ・コマンド」も、まさに時代の最先端をいっている。ここでは、マッサージ機能(リアシートはオプション)やブラインドの操作、アンビエントライトの調光などが行える。もちろん、インターネットもそう。クルマがWi-Fi電波を発するので、ネットサーフィンを気軽に楽しむことができる。

指や手の動きでオーディオなどを操作する「ジェスチャー・コントロール」もそうだろう。ドライバーは進行方向から目線を逸らすことなく好みの操作を行える。

「スカイラウンジ・パノラマ・ガラスルーフ」も見逃せない。天井一面に満天の星空のようなライティングが広がる。この辺はどうやらロールス・ロイスのノウハウを採り入れているらしい。走りのパフォーマンスはBMWが、ウルトララグジュアリーな装備はロールス・ロイスがそれぞれ知恵を働かせているという図式だ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • e46*****|2015/12/14 12:28

    違反報告

    実物は優雅で華麗な雰囲気を醸し出すデザインライン。動力性能、装備、技術などの先進性は日本車よりかなり進んでいる。
  • ctr*****|2015/12/14 11:13

    違反報告

    目に見える わかりやすい概念で 高級を追求した結果  ダサくなる一方w


  • mir*****|2015/12/14 11:23

    違反報告

    リアから見るとカムリかと思ってしまう

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します