現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > トーヨータイヤのスタッドレス、ガリットGIZに試乗

ここから本文です
試乗記 2015.10.30 レポート:五味 康隆 / 写真:トーヨータイヤ

トーヨータイヤのスタッドレス、ガリットGIZに試乗

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トーヨータイヤのスタッドレス、ガリットGIZに試乗
  • トーヨータイヤのスタッドレス、ガリットGIZに試乗
  • トーヨータイヤのスタッドレス、ガリットGIZに試乗
  • トーヨータイヤのスタッドレス、ガリットGIZに試乗
  • トーヨータイヤのスタッドレス、ガリットGIZに試乗
  • トーヨータイヤのスタッドレス、ガリットGIZに試乗
  • トーヨータイヤのスタッドレス、ガリットGIZに試乗

曲がれる安心感、穏やかな限界特性に好感

アイス性能は北海道のテストコースと、アイススケートリンクで試すことができたが、驚くのはスキール音だけではない。アイス路面での制動距離が短いのだ。

ブレーキの際に主役を担うタイヤセンター部分のブロックには、ガリットGIZの場合、通常よりも広めの開口部を持ったサイプ(スタッドレスタイヤ特有の線状の溝)が刻まれている。これがどうやらブレーキに効くようだ。一般的なサイプはブレーキ時にブロックが倒れこみ、サイプの口が閉じてしまい水を吸い上げられないことがある。ガリットGIZはブレーキ時も口が閉じない新3Dサイプを採用。これは先代タイヤと呼べる「ガリットG5」時代から好評の、雪上や氷上でのグリップの源でもあるエッジ効果向上や接地圧力の均等化を果たす「3Dサイプ」をベースにした、新しいブロック構造だ。

ちなみに実際の使用環境ではグリップ力はもちろん、コントロール性も大事。具体的に言えば、曲がることに加えて、ハンドルを切った瞬間にグリップしている手応えが伝わってきて「曲がれる!」と安心できることが必要。さらには、限界まで粘ってグリップして突然滑るよりも、穏やかに徐々に限界を迎えてヒヤッとしない滑り方をしてくれることも大事だ。実はガリットG5と比べるとガリットGIZは、そこが大きく進化していた。

ハンドルを切った瞬間に伝わってくる手応え。ブレーキを踏んだ瞬間の踏み応え相応の的確な減速感。この2つがハッキリと手足に伝わってくるので、アイス路面だけでなく圧雪路面も含めた冬季路面を安心して運転できる。またG5よりも有効舵角が増えており、奥でさらに曲がり込んでいるカーブでハンドルを切り足しても、手応えもクルマの動きもそれに応じてくれる懐の深さがある。

また、ガリットG4時代から導入している全方位のグリップバランスが優れる360度スタッドレスコンセプトも継承されており、縦方向と横方向のグリップバランスが良いのも好印象。圧雪路面での排雪性能は平均的で、若干ブロックパターンが目詰まりする時があるのが気になる部分ではあるが、全体的に優れた性能を持った、お勧めスタッッドレスタイヤであることに変わりはない。

【スペック】
135/80R13~225/45R18まで全64サイズ
価格=オープン

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • swt*****|2015/10/31 10:11

    違反報告

    求めるものは人それぞれなんじゃないですか?
  • pta*****|2015/10/30 20:10

    違反報告

    雪上や氷上が良いのは当たり前、ドライやウェット性能は?
    大半のユーザーの使用環境は非積雪の方が圧倒的に多い。
    国産スタッドレスで高速なんて怖くて走れない。
    いい加減、メーカー主導でおバカなユーザー(雪上や氷上性能が命!)を正しい道へと導いてほしい。
  • shi*****|2015/11/01 11:14

    違反報告

    トーヨー?
    あぁ、データ改ざんに長けてる会社か!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します