現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン

ここから本文です
試乗記 2015.4.10 レポート:島下 泰久 / 写真:ポルシェジャパン

ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン
  • ケイマンGT4試乗。バーゲン価格のハンドリングマシン

911GT3ルックのケイマンが登場した理由

ポルシェモータースポーツが開発に携わるポルシェの“GTx”モデルは、これまで911GT3に象徴されるように、911だけに設定されてきた。話は単純で、モータースポーツにはミッドシップモデルは使われず、基本的に911だけがその任に就いていたからだ。

ケイマンGT4の登場は、まさにその不文律を打ち破るものと言うことができる。とは言え、これが即座にミッドシップモデルによるモータースポーツへの参加を意味するわけではない。狙いはユーザーの7割がサーキット走行を楽しんでいるという“GTx”モデルの世界を拡げることにある。

その出で立ちは、911GT3に倣ってとても好戦的だ。フロントマスクは大きな3つの開口部と、前方に鋭く突き出したリップスポイラー、フロントフード前方のエアアウトレットにより、アグレッシヴさが格段に増しており、全長もケイマンGTSより34mm大きくなっている。

試乗ステージ:ポルトガル・ファーロ

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • coc*****|2015/10/21 10:30

    違反報告

    ポルシェはマーケットに興味が無いのか?はたまた経営陣にやる気がないのか?いつも理解に苦しむ。
    最近のケイマンやボクスターのスタイルは本当にカッコ良い。昔は芋虫みたいで酷かった。
    ヒエラルキーでは911で仕方無いのだが、これはフェラーリで言えばテスタや456みたいな存在。
    販売的成功を考えるならケイマン、ボクスターを如何に魅力的にするかが課題だった。
    今度のケイマンは動力性能的には911と並び、運動性能的には完全に凌駕したと言って良い。
    恐らくオープンのボクスターも改良されるだろうが、これも911カブリオレを凌ぐハズ。
    しかも、このクルマがお値打ち価格の1000万円!これで売れない訳が無い。
    なのにミッションはマニュアル…。ただただPDKの早期導入を望みます。

  • sak*****|2015/12/25 19:36

    違反報告

    R35GT-Rとどっちにしようか悩みました。カッコよさはケイマンですが、性能でカレラを超すGT-Rを買ってしまいました。7MTならケイマン買ったかも
  • ctr*****|2015/12/15 12:13

    違反報告

    クラブスポーツのほうがいいが こっちは中途半端だなw  

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します