現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ミニバン専用エコタイヤ ブルーアースRV-02をテスト

ここから本文です
試乗記 2015.2.11 レポート:斎藤 聡 / 写真:横浜ゴム株式会社

ミニバン専用エコタイヤ ブルーアースRV-02をテスト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミニバン専用エコタイヤ ブルーアースRV-02をテスト
  • ミニバン専用エコタイヤ ブルーアースRV-02をテスト
  • ミニバン専用エコタイヤ ブルーアースRV-02をテスト
  • ミニバン専用エコタイヤ ブルーアースRV-02をテスト
  • ミニバン専用エコタイヤ ブルーアースRV-02をテスト
  • ミニバン専用エコタイヤ ブルーアースRV-02をテスト
  • ミニバン専用エコタイヤ ブルーアースRV-02をテスト
  • ミニバン専用エコタイヤ ブルーアースRV-02をテスト
  • ミニバン専用エコタイヤ ブルーアースRV-02をテスト
  • ミニバン専用エコタイヤ ブルーアースRV-02をテスト
  • ミニバン専用エコタイヤ ブルーアースRV-02をテスト
  • ミニバン専用エコタイヤ ブルーアースRV-02をテスト
  • ミニバン専用エコタイヤ ブルーアースRV-02をテスト

エコ&ウエット性能で「A/a」評価のミニバンタイヤ

ヨコハマタイヤは、ミニバンに向けて、新たな専用タイヤ「ブルーアース RV-02」を発表、2月から発売した。195/65R15~245/35R20までの全18サイズで、価格はオープン。

いまやミニバンはコンパクトカーやコンパクトセダンに取って代わるファミリーカーとして定着した。視界が高く、室内が広いミニバンは快適で、居心地の良い室内空間を持っているが、車重が重く、重心が高く、室内に音がこもりやすいというウイークポイントもある。これらの性能は、タイヤによって大きく影響されるパートでもある。

「ブルーアース RV-02」は「ブルーアースRV-01」の後継モデルで、転がり抵抗はRV-01の性能を維持したまま、ウエットブレーキ性能を12%向上しているのが特徴だ。ちなみにタイヤグレーディングの「転がり抵抗/ウエットブレーキ」の評価は、RV-01が「A/b」であるのに対し、RV-02は「A/a」を取得。ウエットブレーキ評価としては最高評価を得ている。転がり抵抗低減による省燃費性能の向上も必要だが、それ以上に操縦安定性が重要だ、というヨコハマタイヤの考え方を良く表している。

技術面ではブルーアースRV-02専用ナノブレンドゴムを開発。これがウエットブレーキの性能アップに大きな役割を果たしている。ナノブレンドゴムは、低発熱ポリマー(≒ゴム)をはじめ複数のポリマーを配合することでウエット性能と転がり抵抗軽減を両立する。RV-02専用ナノブレンドゴムではさらにウエット性能を高めるため、ウエット性能を高めるシリカと、低燃費性能を高めるシリカを配合することで(ダブルシリカ)、転がり抵抗を犠牲にすることなくウエット性能を高めているのだという。加えて、ゴムをしなやかにして路面の凹凸に密着させてグリップ性能を高めている。

トレッドデザインは4本+1本の縦溝を主体にしており、イン側に2本の太いリブ(ブロック列)を配置し、アウト側にやや細身のリブ、細く浅い溝を挟んでもう一本の細身のリブとショルダーブロックを組み合わせたグランドサイレントショルダーを配置している。

縦溝を主体としたリブデザインを採用することで、直進性や排水性を高めるとともに静粛性にも配慮したものとなっている。興味深いのは、このリブの接地面が凸面形状をしていること。マウンドプロファイルと名付けられたリブは、路面に接地した時に接地面圧が均一になるように設計されており、ミニバンで問題になることの多い編摩耗を抑制する効果があるのだという。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します