現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗

ここから本文です
試乗記 2014.9.19 レポート:吉田 匠 / 写真:望月 浩彦

ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗
  • ミュルザンヌとフライングスパー、V8モデル2台試乗

フライングスパー V8

ベントレーには2種類のモデル系統がある

イギリスは誇るべき歴史的遺産を数多く持つ国だが、自動車界におけるベントレーもそのなかのひとつだといえよう。1919年、ウォルター・オーウェン・ベントレーによってロンドンに設立されたこのメーカーは、1920年代から30年代初頭にかけてル・マン24時間レースに5勝するという快挙を成し遂げ、まずはスポーツカーブランドとして名を上げた。

ところが、こういったブランドの常で幾度となく経営が悪化、ベントレー自身が他のメーカーに移るなどの紆余曲折の末、1931年にロールス・ロイスの傘下に入り、1998年にはドイツのフォルクスワーゲングループに買収されて、よく知られているように現在はそのコントロール下にある。その結果、現在の市販モデルには、フォルクスワーゲンの製品と関連を持つモデルと、純ブリティッシュな血脈を持つモデルの、2つのレンジが存在する。

前者がフォルクスワーゲンの最上級モデル、フェートンの血を引く4WDシャシー上に構築された2ドアクーペのコンチネンタルGTと、4ドアサルーンのフライングスパーで、いずれもW12ツインターボとV8ツインターボの2種類のパワーユニットを持つ。今回、箱根を舞台にした試乗で最初に乗ったのは、そのなかのV8搭載モデル2車種だった。

まずはフライングスパーV8のキャビンに収まる。全体がウッドとレザーに覆われ、そこにクロムメッキがアクセントを添えるインテリアはまさしくイギリス風のラグジュアリーな空間に仕立てられ、ベントレーを求める層のニーズに確実に応えているに違いないと想像させる。それでいてドライビングポジションはサルーンらしい比較的アップライトな姿勢に自然に決まり、そこからの視界も文句なしにいいといったところに、ブリティッシュブランドに注入されたジャーマンブランドの血筋の効果を感じることもできる。

試乗ステージ:箱根エリア

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します