現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?

ここから本文です
試乗記 2014.4.28 レポート:清水 和夫 / 写真:マクラーレン・オートモーティブ

650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?
  • 650Sでサーキット走行。MP4-12Cとの違いは?

英国発のスポーツカーメーカー

マクラーレン・オートモーティブが放つスーパースポーツの第三弾「マクラーレン 650S」の国際試乗会がスペイン・マラガのプライベートサーキットで開催された。以前、アウディR8 V10で走ったことがあるが、非常に難しいサーキットで、MP4-12Cのチューンアップモデルとして開発された650Sの、0-100km/h加速=3秒という途方もないパフォーマンスを試すにはうってつけの場所である。

マクラーレンはこの春、北京モーターショーに初めてブースを出した。中国でもフェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニなどのスーパースポーツ専門メーカーの仲間入りを果たしたわけだ。「P1」「MP4-12C」「650S」を同時に見ることができるマクラーレンのブースはフェラーリほど派手な装飾はないが、多くの注目を集めていた。

マクラーレンはF1のコンストラクターとしては有名だが、いわゆるレーシングチームであり、フェラーリのように市販車(ロードゴーイングカー)を開発できる体制ではなかった。しかし、創業者のブルース・マクラーレンはF1を一つの通過点と捉え、最終的には自らの名前を冠した市販のスポーツカーを作りたいと願っていたという。エンツォ・フェラーリもフェルディナンド・ポルシェも同じだったから、その想いは自然の成り行きだ。実は私も自らの名前を冠したスポーツカーを作りたいと思っている。

ブルースの果たせなかった夢は、1993年に天才デザイナーのゴードン・マーレーによってロードゴーイングカーの「マクラーレン F1」として実現した。マクラーレン F1はマクラーレン・グループが開発した最初の量産スポーツカーとなったのだ(当時の市販車部門はマクラーレン・カーズで、のちにマクラーレン・オートモーティブと改称)。BMW製V12気筒エンジンをミッドシップに搭載し、シャシーには世界で初めてカーボンボディを採用、価格は1億円に達した。

試乗ステージ:スペイン・マラガ アスカリサーキット

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します