現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる

ここから本文です
試乗記 2014.4.30 レポート:岡崎 五朗 / 写真:中野 英幸

マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる
  • マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる
  • マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる
  • マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる
  • マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる
  • マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる
  • マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる
  • マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる
  • マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる
  • マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる
  • マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる
  • マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる
  • マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる
  • マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる
  • マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる
  • マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる
  • マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる
  • マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる
  • マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる
  • マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる
  • マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる
  • マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる
  • マセラティの急先鋒、ギブリに酔いしれる

イタリア人にしか作れないクルマ

今年、創業100周年を迎えるマセラティ。スーパーカー世代にお馴染みなのはボーラやメラク、カムシンといった70年代のモデルだろう。当時のマセラティは、フェラーリやランボルギーニのひとクラス下に位置するスーパーカーメーカーという中途半端なイメージがあったが、クルマに詳しい人ならそれが一面だけを見た誤解であることをご存じのはずだ。60年代までのマセラティは、F1を含むモータースポーツ界において輝かしい歴史をもつ名門中の名門だった。その長い歴史をもとに、フェラーリよりも格上のブランドだと考えている人も少なくない。

ただしビジネスはあまり上手ではなく、シトロエンやデ・トマソ、フィアットの傘下を経て、2008年にはフェラーリの直轄となった。これを機にフェラーリの高度な生産技術が導入され、悪名高かった信頼性は大幅に改善。もともと持っていた高いブランドイメージとフェラーリの技術の融合は、マセラティに新たな生命を吹き込んだのだ。

そんないきさつを経て、現在のマセラティは、貴族的な香りを漂わせるクルマを作らせたら天下一品のメーカーになった。なかでも2ドアクーペのグラントゥーリズモは世界でもっともキザなクルマだろう。美しく情熱的なエクステリア、やたら派手なのになぜかとびきりセンスがいいインテリア、甲高いサウンドを奏でるフェラーリと共通ブロックのV8エンジン……そこには単なるスポーツクーペの域を超えた“粋”と“官能”がみっちりと詰まっている。フェラーリ同様、マセラティもまたイタリア人にしか作れないクルマである。

そんなマセラティが、再び新たなステージに向け一歩を踏み出した。その中心となるのが新型ギブリだ。

試乗ステージ:西湘バイパスほか

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します