現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!

ここから本文です
試乗記 2014.4.4 レポート:吉田 匠 / 写真:篠原 晃一

6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!
  • 6月発表のコペン、プロトタイプに試乗!

軽オープン2座スポーツという存在

軽自動車のオープン2座スポーツというカテゴリーは、近年では「ダイハツ COPEN(=コペン)」の独り舞台だったが、実はその歴史はけっこう奥深い。まずそこに登場したのが「ホンダ S360」で、そのデビューは1962年の東京モーターショーでのことだった。しかしS360はプロトタイプが出現しただけで発売されるには至らず、軽オープンスポーツが実際に市販モデルとして世に出るのは90年代初頭のことになる。

1991年に、ホンダがミドエンジンの「ビート」を、スズキがフロントエンジン後輪駆動の「カプチーノ」を、相次いで発売したのである。しかも1992年には、オープンではなかったけれど、マツダからミドエンジンにガルウイングドアを備える「AZ-1」も出現したから、90年代前半には軽自動車のスポーツカーが花盛りなのだった。しかしそれも、日本市場におけるスポーツカーやスペシャルティカー衰退の煽りを食って徐々に生産中止に追い込まれ、90年代も末に入る頃にはいずれも現役モデルとしては姿を消す運命にあった。

ところが軽オープン2座スポーツの流れは、新たなメーカーの参入によって2000年代に入って復活する。2002年に、ダイハツが「コペン」を発売するのである。それは、他メーカーのライバルがMRやFRといった専用シャシーを備えていたのに対して、ダイハツの軽の実用モデル用プラットフォームをベースにしたFFを採用するクルマだった。それに加えて、トップが電動油圧ポンプの開閉式だったのも、それ以前のライバルとは一線を画していた。

コペンは結局、発売開始から10年以上にわたって生産されるロングセラーとなり、2012年に生産を終了。輸出用の1.3リッターモデルを含むその間の総生産台数は6万6000台を超えた。それは、ビートの3万3000台強、カプチーノの2万6000台強を、圧倒的にリードする数字だった。

試乗ステージ:青海臨時駐車場・特設コース

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します