現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ

ここから本文です
試乗記 2014.3.24 レポート:九島 辰也 / 写真:BMWジャパン

BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ
  • BMW i3で味わう、新鮮な“ワンペダル”ドライブ

見た目以上に広く、フレッシュな移動空間

昨年秋に行われた東京モーターショーのBMWブースは、新たなサブブランド「i(アイ)」一色だった。新型X5など展示はしていたものの、メインステージを譲ることはなく、ふたつのiがそこに鎮座していた。

さて、その第一弾の「i3」でいよいよ公道を走る機会を得た。ショーからおよそ半年、自然光の中での初対面となる。場所は鹿児島県南部に位置する屋久島。1993年に世界遺産に登録された、日本が世界に誇る自然の宝庫である。この場所が選ばれたのにはちゃんと理由があった。というのも、ここは島全体の電力を島内の水力発電所でまかなっている。つまり、天然資源からの電力であり、それはCO2フリーとなるのだ。また、そんな環境だけにEVを積極的に採用している。レンタカー屋を覗けば、日産リーフと三菱アイミーブがずらり並んでいた。聞くところによると特有の助成金もあるらしい。

といった話はともかく、i3に話を移そう。最初に用意されたのは“純粋なEV”の方であった。ドライバーズシートに座って感じたのは、これまでのBMWとは少々雰囲気が違うこと。ドライビングポジションはアップライト気味で、ドライバーズシートの位置は通常よりも後ろに思えた。きっとフロントピラーの付け根が思いのほか前方にあるからだろう。ニュービートルに初めて乗ったときのような感覚だ。

また、キャビンが異様に広く感じたのも印象的。ガラス面が広いのも相まって、スケールは大きく感じる。クルマのサイズはコンパクトなだけになにか不思議な感覚だ。

試乗ステージ:屋久島

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • jcm*****|2016/11/05 20:22

    違反報告

    やっぱベンベーサイコー!
    エレキ版もサイコー、3気筒版もサイコー!
  • bty*****|2016/11/02 18:02

    違反報告

    i3の回生ブレーキのフィーリングが、乗ったことが無いので分かりませんが、MT車で1速で加速した後にアクセルを離したときの減速感だとすると、なかなか鍛錬が要りそうですが、
    この記事で一番気になったことは、

    発電用の2気筒エンジンのことでした。
    BMWは1気筒500ccがベストと判断し、1500ccを3気筒で作っていますから、その理屈から発電用の小型エンジンなんて2気筒で十分という判断なのかもしれませんが、
    EVという振動の少ない静かな乗り物に対して、2気筒エンジンというあまりに相反するユニットを積んでいる。

    面白いです。
    ハンドル周りがポップで楽しい雰囲気ですね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します