現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び

ここから本文です
試乗記 2014.3.17 レポート:岡崎 五朗 / 写真:BMWジャパン

BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び
  • BMW i3、電動化時代の駆けぬける歓び

屋久島でCO2フリードライブ

1ヶ月のうち35日雨が降る、と言われるほど雨の多い屋久島。実際に雨が降るのは160日程度なのだそうだが、海岸近くから切り立つようにそびえる標高1900m級の山に湿った海風があたり、東京の3倍もの雨を降らせる。とくに山頂付近の降雨量は年間1万ミリに達し、膨大な量の水が勢いよく平野部へと流れていく。それが、映画「千と千尋の神隠し」の主人公の名前のもととなった千尋(せんじゅ)の滝や、日本の滝百選に選ばれている大川の滝など、数多くの滝を創り出した。

そんな豊かな自然条件を活かし、屋久島は島内で消費される電力のほぼ100%を水力発電でまかなっている。つまり、EVであればCO2排出量はゼロになるということ。ちなみに火力発電の多い鹿児島県の場合、発電段階での排出量を加味すると、EVのCO2排出量はガソリン車の3分の1になる。走行段階に限定すればEVはCO2をまったく出さないが、もとの電気をどう作っているかにトータルCO2排出量は左右される。水力発電をはじめとする再生可能エネルギーとEVとの相性はとてもいいのだ。

BMWがi3の試乗会を屋久島で開催した理由もここにある。どうせやるなら、CO2フリーの島でCO2フリードライブを味わってもらおうという狙いだ。公用車やレンタカーにEVを導入することで、CO2フリーに取り組んでいる屋久島には、急速充電器が4カ所、普通充電器が11カ所15台用意されている。

試乗ステージ:屋久島

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します