現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > アウトランダーPHEVの次世代4WDで氷上走行

ここから本文です
試乗記 2014.2.20 レポート:小沢 コージ / 写真:小林 俊樹

アウトランダーPHEVの次世代4WDで氷上走行

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アウトランダーPHEVの次世代4WDで氷上走行
  • アウトランダーPHEVの次世代4WDで氷上走行
  • アウトランダーPHEVの次世代4WDで氷上走行
  • アウトランダーPHEVの次世代4WDで氷上走行
  • アウトランダーPHEVの次世代4WDで氷上走行
  • アウトランダーPHEVの次世代4WDで氷上走行
  • アウトランダーPHEVの次世代4WDで氷上走行
  • アウトランダーPHEVの次世代4WDで氷上走行
  • アウトランダーPHEVの次世代4WDで氷上走行
  • アウトランダーPHEVの次世代4WDで氷上走行
  • アウトランダーPHEVの次世代4WDで氷上走行
  • アウトランダーPHEVの次世代4WDで氷上走行
  • アウトランダーPHEVの次世代4WDで氷上走行
  • アウトランダーPHEVの次世代4WDで氷上走行
  • アウトランダーPHEVの次世代4WDで氷上走行

氷上で見えてくるPHEVの本質

海外生活でもいい、スポーツにおけるハイレベルの真剣勝負でもいい。人間なにか厳しい場所に身を投じることによって初めて見えてくる本質ってものがある。

クルマも同じだ。普段生活している穏やかな場所とは違う、厳しい環境を走って初めてなにか分かってくることがある。ってなわけで行ってきましたよ、真冬の長野県女神湖!

クルマ好きなら知るまさしく走りの限界が試される場所で、要するに真冬になると湖の表面が凍ってツルッツルになる(笑)。μ(摩擦係数)にしてコンマいくつ…ってレベルでマジなハナシ、ちょっとでも氷が溶けて表面に水が載ると、人間は普通に立ってすらいられなくなるわけで、そこでは普段見れないクルマの真実が出てしまうわけだ。

今回、試乗するのは事実上の現在最高のEVとも言うべき三菱アウトランダーPHEV! いわゆるプラグイン・ハイブリッドで、高性能リチウムイオン電池を12kWhとほぼピュアEV並みに搭載した新世代のハイテクエコカー。フル充電状態から約60kmまでほぼ完全にEVとして走れ、その後は搭載しているガソリンも使えば合計897km(JC08モード)もハイブリッドカーとして走れる驚異の二刀流。果たしてそれはある意味、二次元的宇宙空間のような女神湖氷上でどう走るのか。まさに地上ゼログラビティ(無重力)への挑戦なのだっ(笑)。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します