現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト

ここから本文です
試乗記 2014.2.21 レポート:九島 辰也 / 写真:篠原 晃一

新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト
  • 新型グランドチェロキー 白馬へ長距離テスト

ジープ・グランドチェロキー ラレード

高速も雪道も得意なステージ

そんないいとこ取りのグランドチェロキーは高速の安定性がものすごい。ボディ剛性は高くカッチリしたカタマリとして挙動を乱すことなく高速走行を楽しませる。ステアリングもユルユルしたところはなく、それなりに反力があって信頼性も高い。センター部分は軽く、そこからじっくりと重くなっていく感覚はすばらしい。

今回の試乗車はエアサスではなくコイルサスを採用する「ラレード」だったが、それがまた良かった。以前の試乗ではワインディングがメインだったため、一瞬不自然な動きをするエアサスよりコイルサスの方が好感を持てたが、高速道路でもその仕立ての良さを感じた。乗り心地に硬さは伝わるものの上品さがある。段差のこなしはなかなかのものだ。この領域ではエアサスも相当いいと思われるが、コイルサスもこれなら十分クラスの上位に位置するであろう。

搭載する3.6リッターV6も、言ってしまえば必要にして十分。8つのギアを上手に使えばかなりアグレッシブにも走れる。その気になれば予想以上にスポーティな動きを手に入れられる。しかもこのエンジン、レギュラーガソリン対応なのがちょっと嬉しかったりもする。

雪道での走りも当然不満はない。セレクテレインを「SNOW」にすればスロットルやトランスミッションなどのコントロールを総合的に制御してくれる。また、「クォドラトラック2」と呼ばれる4WDシステムも頼もしい。タイヤの空転を感知するとトランクションを適時に配分してくれるので、まずもって常識的な走りをしている分には安心だ。

ジープのラインナップは現在、このグランドチェロキーを筆頭にオフロードをメインとした「ラングラー」と「ラングラー・アンリミテッド」、それと街乗りをメインにしたFFベースの「コンパス」からなる。一時期はこれに「チェロキー」と「パトリオット」があったのだからそれなりに賑やかだった。そうそう、3列シートの「コマンダー」なんてモデルもあったっけ。

それにしても個性豊かなラインナップである。同じジープというブランドではあるが、生い立ちはそれぞれ。ボディ構造やベースとなる駆動方式もバラバラだ。が、やはりジープ。ある共通点があることを見逃してはならない。

試乗ステージ:都内⇒長野県・白馬村

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します