現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?

ここから本文です
試乗記 2013.6.8 レポート:吉田 匠 / 写真:中野 英幸

第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?

パンダIIのリニューアルモデル

フィアット パンダの名前を耳にすると、クルマ好きなら誰だって1980年デビューの初代パンダを思い出すだろう。パッケージングを含むデザインのすべてを手掛けたのはイタルデザイン代表のジョルジェット・ジウジアーロ。70年代に、フォルクスワーゲン ゴルフをはじめとするシャープな折り紙細工デザインで一世を風靡した空間創りの天才が、脂の乗り始めた40代初頭に生み出した角張った2ドア+テールゲートボディの初代パンダは、人々の生活を多様に彩る機能性を備えながら、モダンにして単純明快なデザインで小型車のひとつのスタイルを提示、当時のクルマ好きを魅了したものだった。

しかも初代パンダ、1999年に生産が中止されて10年以上が経った今日も、特にナポリやシチリア島といったイタリアの南部にいくと、土地の人々の生活の道具として活躍する姿を、あちこちで目にする。パンダが現役だった80~90年代には、生産中止から長年経ったリアエンジンのフィアット500が、そういった地域で現役として使われていたのをしばしば目にしたが、それと同じ使われ方を今、初代パンダがしているのだ。つまりパンダは、かつてチンクエチェントが演じてきたイタリアのベーシックカーの下限に位置するモデルの役割を、80年代以降負ってきたクルマだといえる。

通称パンダIIと呼ばれる2代目パンダが登場したのは2003年のことだった。それは初代より2回りほど大きい5ドアモデルで、しかも通常のハッチバックより背の高いボディが、若干SUV風の匂いを漂わせるクルマだった。しかもこのパンダII、2004年にはヨーロッパのカーオブザイヤーに選ばれている。で、このパンダIIのリニューアルモデルとして2011年のフランクフルトショーでデビュー、ヨーロッパでは翌12年に発売されたのが、イタリアでは通称パンダIIIとも呼ばれるらしい、今回の新型パンダである。

試乗ステージ:東京湾岸エリア 車種:パンダ

    グレード=パンダ イージー
    全長×全幅×全高=3655×1645×1550mm
    ホイールベース=2300mm
    車両重量=1070kg
    駆動方式=FF
    エンジン=875cc直列2気筒ターボ
    最高出力=63kW(85ps)/5500rpm
    最大トルク=145Nm(14.8kg-m)/1900rpm
    トランスミッション=5速シーケンシャル
    JC08モード燃費=18.4km/L
    車両本体価格=208万円
    発売日=2013年6月1日

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します