現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗

ここから本文です
試乗記 2013.6.2 レポート:島下 泰久 / 写真:ベントレー モーターズ ジャパン

フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗
  • フライングスパー、極上サルーンに中国で試乗

コンチネンタルからの独立宣言

新型コンチネンタルGTがデビューした時から、きっと現行型オーナー諸氏は首を長くして、その登場を待ちわびていたことだろう。何しろ「フライングスパー」と言えば、ビジネス成功者の至高の日常車として圧倒的に支持されたきたサルーンである。言ってみれば“無くても困らない”クーペとは違って、多くのオーナーにとっては“生活必需品”のような存在なのだから。

新型フライングスパーは、従来と違って頭に“コンチネンタル”が付かない。それは、言わばコンチネンタルGTのサルーン版だった先代とは異なるポジショニングを指向しているからである。具体的には、コンチネンタルGTとミュルザンヌの間に位置する、まったく別のモデルというかたちになる。

その変化は外観にもハッキリと表現されている。コンチネンタルGTでは内側が大きく外側が小さい4灯式のヘッドライトが、フライングスパーでは外側が大きく内側が小さい。ラジエーターグリルの角度も起こされて、顔つきはよりワイド感や押し出しが強調されている。

サイドビューで目をひくのは“B”のモチーフをあしらったフロントフェンダー上のウィングベント。ここから後方に伸びるラインと、前後のタイヤの存在を強調するショルダー、そして垂れ下がっていくトランクリッドはコンチネンタルGTとは別物の落ち着いたラグジュアリー性を感じさせ、またミュルザンヌとの血縁をも意識させるのだ。

そしてリアビューでは、低いトランクリッドと横長のテールランプがワイド感を演出。一見素っ気ないほどのシンプルに見えるテールランプは、点灯するとテールパイプと同様の楕円形を浮かび上がらせ、後続車にアピールする。一見シンプルでオーソドックスに見せて、どこから見ても実に計算された、凝ったデザインなのである。

個人的には特に斜め後方から見た姿に惹かれる。リアフェンダーの美しく、そして逞しい造形に魅入られてしまうのである。いずれにせよ先代とは異なるキャラクター、この見た目からも十分に感じることができるはずだ。

試乗ステージ:中国・北京郊外 車種:フライング スパー

    全長×全幅×全高=5295mm×1976mm×1488mm
    ホイールベース=3065mm
    車両重量=2475kg、駆動方式=AWD
    エンジン=6.0リッターW12・ツインターボ
    最高出力=460kW(625ps)/6000rpm
    最大トルク=800Nm/2000rpm
    トランスミッション=8速AT
    0-100km/h加速=4.6秒
    最高速度=322km/h
    車両本体価格=2440万円
    日本発表(予定)=2013年6月

メーカーから編集記事を探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します