現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ

ここから本文です
試乗記 2013.4.8 レポート:河口 まなぶ / 写真:メルセデス・ベンツ日本

CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ
  • CLA海外試乗。メルセデスの新型4ドアクーペ

メルセデス・ベンツであり続けるために

ひょっとしたら我々こそが、メルセデス・ベンツというブランドを、歴史と伝統に縛り付けて古い価値観で見ているのではないか? 新型CLAに見て触れて乗って、そんなことを考えた。要はプロダクトを受け取る我々の価値観が、見えるものを見えなくしていることもあるのではないか、と。

CLAはその顔つきからも判るように、今年の始めに日本へ上陸したAクラスと同じプラットフォームを採用した、いわゆるFFのコンパクトファミリーの一員だ。既に登場済みのBクラスと合わせると現在3兄弟で、この後にSUVのGLA、さらにもう1台の派生モデルが控えていると言われる。

Bクラスは先代モデルのイメージを受け継いだハイト系のスタイルで登場したが、Aクラスはこれまでとは全く異なるスポーティ路線を標榜したのは記憶に新しい。歴史と伝統に裏打ちされた威厳や風格とは全く異なる、若々しくてフレッシュでスタイリッシュなメルセデス・ベンツ。変化は間違いなく、このブランドの今後を示唆するものだが、それに違和感を覚えた人もいるのではないか?

 

実際、「メルセデスも変わったナ」なんて訳知りなセリフが聞こえてきそうだが、何もこれは今に始まったことではない。既に1993年のW203型Cクラスや、1995年のW210型Eクラスの登場の頃からそんなセリフは良く使われてきた。

けれど思い返せばそうしたセリフを聞くほどに、メルセデス・ベンツは着実に進化して、ともすれば歴史と伝統にあぐらをかいて陳腐化するブランドにはならず、常に時代をリードする立場に立ってきたことは間違いない。

今やどのブランドのクルマでも一定以上の性能や品質を手に入れたことで、昔ほどブランドによる、クルマによる差はなくなりつつあり、それはメルセデス・ベンツとて例外ではない。しかしそうした状況でとりもなおさずメルセデス・ベンツがメルセデス・ベンツであり続ける理由は、時代に合わせて確実にブランドを、クルマを、様々に進化させ変化させてきたからこそだ。

いま目の前にあるCLAに、そうしたことを感じる。ニューウェーブが立ち上がっている、と。

試乗ステージ:フランス・サントロぺ 車種:CLA

    全長×全幅×全高=4630×1777×1436mm
    ホイールベース=2699mm
    車重=1480kg
    駆動方式=FF
    エンジン=2.0リッター直4DOHC・直噴ターボ
    最高出力=155kW(211ps)/5500prm
    最大トルク=350Nm/1200-4000rpm
    トランスミッション=7速DCT(7G-DCT)
    0-100km/h加速=6.7秒
    欧州複合サイクル燃費=6.1-6.2L/100km
    ※すべて欧州参考値
    発表=デトロイトモーターショー2013

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します