現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV

ここから本文です
試乗記 2013.2.8 レポート:河口 まなぶ / 写真:菊池 貴之

新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV
  • 新型クラウン試乗。アスリート、ロイヤル、HV

写真は2.5アスリートS

巧妙なプロモーションで話題作りに成功

レクサスのスピンドルグリル以上にインパクトあるグリルの採用や、ドラえもんのどこでもドアの色と同じピンクをボディカラーに採用するなどして、新型クラウンは相当に話題を呼んだ。

このことについては賛否両論がある。だが話題作りという意味でも、その存在を改めて世の中に知らしめたという意味でも、既にクラウンはある一定の成功を収めたと評価できる。もしあの激しいグリルも、ピンクに塗られたクルマもなかったとしたら、おそらくクラウンがモデルチェンジをしたことを知る人は激減し、それこそ自動車業界だけのニュースになったのではないか。

正直、この時代にミドルクラスのサルーンが新型になっただけでは世の注目を集めるのは至難の技。そう考えると、そこをクリアしただけでも新型クラウンは立派だと思える。

ただ注目を集めたことは高評価でも、商品である自身をどれだけ表現できたかという意味においては疑問が残るのも本音。CM等でのインパクトは強烈だが、果たしてどんなクルマなのか、何が個性なのかは正直わかりづらい。もっともそれを分かった上での今回のプロモーションだとしたら、それは非常に巧妙な戦略だといえるが。

個人的には実際に新たなクラウンと対面して、デザインはそんなに悪くないと思った。まさに写真で見るのと実際に見るのは~であって、実物の方が良いし、存在感もある。そんなワケでエクステリア的には悪くないのでは? と思った。凄く好きになった、というわけではないのだけど。

内装に関してもかなり頑張って質感を向上させようとしたり、昭和の応接間から現代のモダンリビングへの転換を図ろうとする意思が伺える。

けれどそれがちょっとパーフェクトではない点はいつものご愛嬌か? 特に写真で出てくるブラウンのシート地には絶句。デザインは悪くないけれど、配色と生地はアカンと思った。これが洋服だったら申し訳ないけれど絶対着れない。そういうところが惜しい! と思える。

車種:クラウンロイヤル

    全長×全幅×全高=4895×1800×1460mm
    ホイールベース=2850mm
    車重=1540kg
    駆動方式=FR
    エンジン=2.5リッターV型6気筒DOHC直噴
    最高出力=149kW(203ps)/6400rpm
    最大トルク=243Nm(24.8kg-m)/4800rpm
    トランスミッション=6速AT
    JC08モード燃費=11.4km/L
    車両本体価格=409万円
    発売日=2012年12月25日

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kan*****|2015/07/24 22:32

    違反報告

    2014年にロイヤルサルーンを購入。新車で。運転して全く面白くない車です。
    ⅭⅮを記憶させても曲目が出ない場合が多い。
    布のシートが1年で日焼けし変色。安っぽい。外観では鉄板の継ぎ目のズレが方々にある。
    次回は絶対に購入しない。
  • kan*****|2015/07/24 22:38

    違反報告

    ロイヤルサルーンを2014年に新車で買った。画面での操作が多い伊車です。特にエヤコンの操作が面倒。画面に目をやりながら温度、風量その他の操作わしなければならないから事故と隣合わせ。
    信号待ちなどの時にしか安心して操作できない。コウソクデエヤコンの操作をすることは死と隣合わせ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します